持ち家が欲しくて35年の住宅ローンを組むリスクは超危険

持ち家が 欲しくて組む 住宅ローンの リスク




銀行員から見た住宅ローン

銀行に勤めていた当時、住宅ローンは個人向け商品として最重要商品でした。

それは、個人取引のすそ野を広げられるからです。

例えば、給与振り込みを当行にしていたら住宅ローン金利を0.1%引き下げますよといったキャンペーンや、クレジットカード、投資信託をしていたらさらに金利を引き下げます。

公共料金の口座引き去りを当行の通帳に指定すると金利を引き下げます等、その銀行との取引場面を増やすことで住宅ローンの融資残高も増やし、預金面でも取引を増やすことでトータルに収益を上げていくことができるからです。

住宅ローンを組むリスク

この住宅ローンを組むときの話になるんですが、その当時、住宅ローンを組むときに35年でローンを組んでいるお客さんをよく見かけました。

35年ですよ。

30歳で借りると、返済する頃には65歳。

40歳で借りると、返済する頃には75歳。

いくら、住宅ローンの返済上限年齢が82歳だったからと言って、そのころの収入源ってなんですか。

今は65歳までなら継続雇用で仕事もありそうですが、75歳ってなかなか仕事無いですよ。

まさかの年金で住宅ローンを支払うんですかね。

もしくは、途中でまとめて一括返済も考えて、とりあえず長期の借入期間を選択していたのでしょうか。

しかも、この35年間ずっと仕事をして返済ができる補償がどこにありますか。

途中で仕事を失ったらといった不安ってないんですかね。

私も、今は普通に働いて、毎日食べていけるだけの収入がありますが、この生活がずっと続く保証なんてないわけですよ。

会社がなくなるリスクもあり、自分が事故や病気で働けなくリスクもあります。

もしも、自分の病気が重大な病気であれば、団体信用生命保険で住宅ローンを代わりに返済してくれることはあるかもしれませんが、中途半端に働けない病気であったり、会社が倒産してなかなか仕事が見つからないような事態になると悲惨です。

住宅ローンを延滞する恐怖

住宅ローンって延滞になるとどうなると思います?

だいたい2~3か月までは銀行から督促をします。

それでも、返済されないままだと、次は住宅ローンを保証している保証会社に債権が移ります。

代位弁済っていうんですけどね。

保証会社が銀行から借りた人の代わりに住宅ローンを支払ってしまうから、住宅ローン債権は保証会社に移るんですよ。

すると、この後は保証会社からの督促になります。

そして、それでも返済されない場合は、自宅の売却などの法的な手続きに進むことになります。

いわゆる競売ですね。

強制的に家を失うことになります。

これが一番の最悪パターンですよね。

家を失うと家族を路頭に迷わせることにもなりかねません。

まともに進学もさせてあげることもできないかもしれません。

日々の食べ物にも困るかもしれません。

私は銀行での督促までしかしたことありませんが、少なくとも住宅ローンの延滞者はいましたし、債権を保証会社に移した方もいました。

その方たちが今どうなっているのかはわかりませんが。。。

持ち家より貸家のメリット

その点、貸家住まいはいいですよ。

自分の生活レベルに合わせて移り住んでいけばいいですからね。

私も最悪収入が途絶えてしまうようなことがあれば、家賃1万円とか2万円で住めるようなとこにでも引っ越します。

それに、家の維持費がはっきりしてます。

持ち家を持つと、固定資産税、火災保険料が発生したり、10年に1回程度、もしくは急に修繕箇所が出てきたりもします。

だけど、貸家は、固定資産税はないですし、設備の部分は大家さん持ちがほとんどです。

急な出費がありません。

また、住宅ローンは借り入れる金額が大きいだけに、例えば、2000万円を金利2%で35年間借りたとすると、最終的に利息も含めた返済額は 2700万円以上になります。

700万利息ですよ。

どんだけ銀行にお金をささげるんですか。

700万あれば、高級車買えますよ。

こう考えると、私はとても住宅ローンなんて組んで家を所有したいだなんて思いません。

もともと銀行にいたからこそかもしれませんが、借り入れのメリットって、個人の場合はほとんどありません。

基本的に、個人で借り入れるということは、所得の先取りだと考えておいた方がいいです。

ただし、例外としては個人で事業をする際の借り入れは例外です。

その話はまたどこかで。

関連記事:住宅建築したら持ち家にかかる維持費の目安

関連記事:会社員の借金は給料の前借りでしかない理由

関連記事:鹿児島県の勤労者世帯年収はいくら?気になる隣の世帯収入事情



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です