資格の取得は知識の習得!目的を忘れないこと

資格取得の目的は 知識の取得である 理由




資格の取得は知識を習得すること

資格の取得について、私も資格の取得に燃えていた時期があります。

資格があれば、就職何とかなるとか考える時期がありました。

そのような時期は、だいたい今の仕事に不満を持っていて、どこか逃げようと考えたときに資格があればどこかに逃げられると考えたりするときです。

私も仕事を辞めたい時期を過ごしている中で資格を習得してきましたが、資格を取得する目的は知識の習得ということを忘れないことです。

資格を習得する上で一番良くない理由は、資格があれば他に仕事があると考えて資格に執着することです。

資格で給料をもらえるのは医療系資格

資格だけで食べることに困らない仕事は実は世の中には多くはなく、医療系の資格ぐらいです。

私が近くで見ている感覚ですが、医師、看護師はいまだに需要があります。

薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士このあたりは若干需要が少なくなりつつあるように感じます。

今後さらに需要が見込めるのが介護福祉士です。

介護保険の報酬体系上、どうしても給料を高くもらえるわけではありませんが、最近は介護職が不足していることもあり給料水準も毎年改善されてきています。

このように時には資格があれば仕事があり給料がもらえるということもありますが、多くの資格は資格だけでは仕事はありません。

もしも資格で食べられる資格取得を目的としていると、時間とお金をかなり費やさないといけません。

資格を取得した目的と生かし方

仕事しながら勉強して取得できる資格というのは難易度的には高くなく、仮に自分に取得できたとすると他にも取得している人は大勢います。

仮に取得した資格で給料をもらえている人がいるかというと資格は取得したが生かしきれていないという人達も大勢います。

私も、資格取得にはまっていた時期には宅地建物取引主任者、ファイナンシャルプランニング2級、危険物取扱者乙4、消防設備士乙6 、ボイラー技師2級、簿記2級を取得しました。

この中で経理関係で役に立っているのは、FP2級や簿記2級です。

しかし、資格で食べているわけではなく、資格を取得したのは知識を深めたかったという理由が大きいです。

病院では自家発電があると大量の重油を保管しています。

年に2回消防訓練が必要で、消防の知識も必要です。

また、お湯を作るためにボイラーの知識も必要です。

そして、新たな介護施設等を作る際に土地の取得もたまにあります。

関係なさそうな資格ですが、知識習得のために取得してきた流れがあります。

中途半端に難易度の高い資格の難しいところ

一方で微妙に難易度の高い資格が実は一番扱いが難しいところです。

独立を考えている方が仕事しながら取得している資格で行政書士や社労士の資格がありますが、この資格だけでは食べられないと考えておいた方がいいです。

弁護士資格を持っている人でも年収300万程度の人がいるくらい法律系の資格は現在価値が落ちつつあります。

一時期は弁護士資格があると1000万円プレーヤーというイメージでしたが、司法試験の合格者が増えてきて弁護士資格の価値はかなり落ちてます。

また、行政書士も社会保険労務士も弁護士もすべて資格があって当たり前で、そこに仕事を獲得する営業力も持ち合わせておかないと仕事は自然に自分のところに流れてはきません。

難易度の高い資格を取得しても、その資格だけで仕事があるかどうかは自分自身の力によるところが大きい場合もあります。

また、医療系資格の中でも同じように価値が落ちている資格があります。

それが歯科医師資格です。

医師としての扱いではありますが、コンビニと同じくらい歯医者さんは街にありふれています。

その結果、供給が多すぎて、歯科医師も稼げてる医師と稼げてない医師の差がかなりあります。

看護師を雇うより歯科医師の方が安く雇えるという人もいます。

資格の取得は知識の習得ということを忘れない

資格にこだわって、その資格を使える仕事を考えていても時には資格の需要が落ちている場合は、資格が仕事を生んでくれる可能性は低くなります。

今需要のある資格が将来に渡って仕事を生んでくれるとは言えません。

今一番価値のある医師資格でさえも、AIが進化してくれば医師の需要は崩れるかもしれません。

また、会計士や税理士という資格商売もフィンテックなどの進歩により仕事が少なくなることが予測されています。

資格だけで仕事をもらえる時代はAIやテクノロジーの進化により需要を失いつつあり、次の時代に求められるスキルは今後大きく変わってくることもあります。

そんな時代に資格を取得することが目的ではなく、資格の取得はそこに関わる知識の習得が目的で、複数の知識を組み合わせて物事を考えられるスキルを身に着けておくほうがまだ資格を仕事に生かせる機会が増えます。

関連記事:銀行員に必要な資格必須は?銀行に入ってから取らされた資格

関連記事:仕事をして働きながら宅地建物取引士に合格できた話

関連記事:目的のない大学進学は時間の無駄!人生の目的を早く見つけること



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です