銀行員にもお金を合わせられないルーズな人が多い!

銀行員でお金にルーズな人はいる

お金にルーズな銀行員ってだけだと銀行員全体のイメージ悪くなりますが、『自分の』お金にルーズな銀行員って結構多かったです。

つまり、他人にお金は貸して、返済が遅れるとやかましいのに、自分のお金の勘定は合わせられない銀行員が少なくない。

例えば、パチンコにはまっている人もいましたし、夜のお店が大好きな人もいましたし、たまに怪しい電話がかかってくる人もいました。
また、行内の規定では禁止とされている個人間での貸し借りなんてある人もいましたからね。

銀行員ってだけで、クリーンなイメージあったりするでしょ?
それって本当にイメージだけで、やっぱりお金にルーズな人はルーズです。

bank

 

自分のお金も合わせられない銀行員からお金のアドバイス

そんな銀行員が、お客さんの前では資金の運用や資金の計画をお客さんにアドバイスしているんだから、おかしい話ですよね。
人にアドバイスする前に自分のお金の計画を考えなさいよって話です。

そして、そんな人が考えた計画がうまくいくのでしょうか?

あくまで、10年近く前の話ですから、今はまた違うと信じてますが・・・。

昔からお金の使い方が雑な銀行員

ただ、私のいた時期はまだコンプライアンスという考え方が広がってきた時期で、さらにバブル期くらいの話を上司から聞いたらもっとひどかったようです。

毎日のように飲みに行って、お金がなくなったら銀行でカードローンを組んでそれで飲み代を作ったりしていたと言ってました。
そして、その時の借金がいまだに残っていると言っている人も何人か・・・。

その時の勢いのまま今を生きている銀行員が、多くの借金を抱えていたり、金遣いが荒かったりしたようです。

また、バブル期の給料もすごかったとも言っていました。
当時の給料と今の給料が役職も上がったのに、ほとんど変わらないって言ってましたから、当時の銀行員は本当に待遇が良かったんでしょうね。

そこで、こんな話をして何が言いたいかっていうと・・・銀行員に恨みがあるわけじゃないですからね。
今でも銀行の方と話をする機会がありますし、大変な仕事をしていることに尊敬もしています。

ただね、銀行員である前に人間なんだと。

イメージが先行しちゃうとその人を疑いなく信用してしまいがちですよね。
肩書きであったり、職業であったり、それだけで人を見てしまうと見誤ってしまいます。

まとめ

銀行員だからってお金に関して信用しきっちゃダメですよ。

お金に関してしっかりしているイメージがあるでしょうが、それはイメージです。

銀行員をしているのに、借金まみれって人います。

他人にお金のアドバイスする前に、自分の身を正しなさいよと。

自分のお金の勘定を合わせなさいよと。

業種によって勝手なイメージが先行しがちですが、借金まみれの銀行員は良いことしている場合が少ないので、注意してください。

関連記事:銀行員は飲み会が多いけれどそれって誰得?何かあれば飲み会のある銀行風土に疑問だらけ

関連記事:それでも銀行員から金融商品を購入しますか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です