就職をする人・採用する企業の為に退職経緯と退職理由は発信することが大切

退職理由




就職と採用の間にある勘違い

もともと私が銀行に勤めていたので、銀行の退職までの経緯や、銀行時代に出くわしたことを記事にしているのことが多いのですが、こういった企業内部の情報ってどしどし発信していった方がいいですよね。

結果として私は熱心に就職活動をして採用された銀行を現在は退職してます。

理由は毎月目標の達成を詰められるという銀行員の仕事に疲れてしまいました。

毎日『こんなはずじゃなかった』と考えるようになり、たまたま地元の企業に採用してもらったことで、3年で銀行を退職することとなります。

この退職をすることとなったことは銀行だけが悪かったのではなく、私の銀行に対する理解も甘かったのです。

つまり、就職する時点で就職する人間と採用する人間の情報がお互いに正確に理解されていなかったということが大きな原因とも言えます。

この就職と採用の間にある勘違いを、これから就職、採用する人達のために退職の経緯や退職の理由を発信していくことが私が価値を生むことができることの一つではないかと考えています。

退職経緯と退職理由を発信する意味

退職経緯と退職理由を発信している意味は、これから高校や大学で就職活動をしている人たちのためにも、そして、その学生を迎え入れる企業の為にも、お互いの理解がすれ違わないことを祈ってのことです。

私の場合も、大学時代に就職しなきゃが一番最初に来て、次に、給与でいえば、金融関係がいいのかなっていう考えから、銀行に就職することになりました。
だから、実際に銀行の仕事がどういったもので、銀行の雰囲気や体質がどういうものか、そんな本来一番に知っておかないといけないことをあいまいに理解したまま銀行に就職したことが、私にとって退職という残念な結果になりました。

銀行にとっては、私がいなくなったことが残念だったかわかりませんが、少なくとも、3年間コストかけて私を育てた費用もゼロではありませんから、そういったコストを考えると、企業にとって戦力につながらなかったことは一つの残念なことだったでしょう。

このお互いの不一致を解消するには、その企業の退職理由や経緯を退職者がどんどん発信していくべきと考えました。

企業側からわが社の体質はこうで、こういった企業風土だと説明を受けても、企業側からの発信が本音なのか建て前なのかはわかりません。
また、就職活動前にインターンシップ等を通じて、事前にその会社で働くこともできる企業もありますが、どこでもインターンシップを受け入れているわけでもありませんから、一番会社の体質や風土、雰囲気について本音の声が聴けるのは退職者の話です。

退職者の話も一方向からの意見や考え

ただし、退職者の話もその人のとらえ方や考え方も一部入ってくるので、そこを見極めるのは難しいこともあります。
それでも、その退職者の話の中から、どんな企業体質だったのか、どんな雰囲気なのかは感じ取ることはできます。

実際に、私のこのブログでも銀行内部の様子について紹介している通りに銀行は支店長や次長からノルマで詰められるんだ、体育会系の企業風土なんだって、いうことは事実として伝わりますよね。

事実だけを理解することができれば、その事実に対して自分がどのように感じて、どのように対応できるかを考えるのはその内容を見ている人自身によるので、他人の退職経緯や退職理由をまったく見ないでその企業に就職するよりは、相互に理解が不足していない状態で就職することができます。

退職者の話は一個人としての感じ方もあるということを理解して、事実だけを受け入れることが大切なことになります。

退職者がその経緯と理由を発信することはあとに続く人のため

転職経験をもっている方は、その前の会社の個人的な愚痴を含んでいても、その会社の現実を発信していくべきです。

自分がどのような理解不足だったか、採用側の話と実際の事実がどのくらい違っていたのか、それを発信することができるのはその企業の退職者です。

採用側が自社の悪口にも似た意見を見ることはおもしろくないでしょうが、それはお互いの理解が相違していたという事実を受け入れることにもなります。

採用コストも馬鹿になりません。

お互いの理解が少しでも近づくように、無駄なコストを少しでも抑えることができるように、優秀な人材を確保できるように、退職者の意見こそ大切にしてほしいです。

幸い、最近ではこの退職の理由や経緯、企業社内の情報をネット上でオープンにしているサイトもあります。

これ本当なのかと疑いたくなるような内容もたまにありますが、少なくともその企業の雰囲気や体質を感じ取ることくらいはできます。

私が以前勤めていた銀行の口コミも割と私の感じていた感覚と近かったので、参考にするにはもってこいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です