子供の教育費は大学までにいくら貯めないといけないのか

子供の教育費はいくら必要か




子供の教育費をシュミレーション

もともとファイナンシャルプランニング2級資格を取得したりしていたので資産運用に興味はありましたが、実際に自分の資産運用をしっかりと考えたことがなかったので、私のこれからの資産運用計画を考えました。

いきなり資産計画を作成することもできないので、まずはこれからの人生で大きな出費になる費用(教育資金、住宅資金、老後資金)の中から、子供の教育資金についてその出費総額を把握します。

子供の教育費用については多くのサイトで教育費用の総額が公表されていますが、私は文部科学省が公表しているデータより幼稚園から大学までの教育費用を表にしました。

この表を見てもらえば、私だけではなくこのサイトを訪れてくれた皆さんにもおおまかな教育費用を把握してもらえることができます。

まずは、幼稚園から中学までの教育費用の一覧。

教育費年間支出額(幼稚園から高校まで)

費用項目幼稚園小学校中学校高校
公立私立公立私立公立私立公立私立
学校教育費13.234.05.582.213.299.823.172.2
学校給食費1.82.74.24.03.60.30.00.0
学校外活動費8.112.020.956.028.329.415.624.5
合計23.148.730.6142.245.1129.538.796.7

※学校教育費には授業料以外の寄付金、教科書代の費用を含みます
※学校外活動費とは学習塾や習い事などの費用
※単位は百万円単位

データは平成24年度ですが、毎年大きな変化はないので、おおよその金額をつかむのであればこの表で教育費はつかめます。

上記表は年間の支出額なので、これを在籍期間でまとめたのが次の資料になります。

在籍期間の教育費総額(幼稚園から高校まで)

費用項目幼稚園(3年)小学校(6年)中学校(3年)高校(3年)
公立私立公立私立公立私立公立私立
学校教育費39.6102.033.0493.239.6299.469.3216.6
学校給食費5.48.125.224.010.80.90.00.0
学校外活動費24.336.0125.4336.084.988.246.873.5
合計69.3146.1183.6853.2135.3388.5116.1290.1

※学校教育費には授業料以外の寄付金、教科書代の費用を含みます
※学校外活動費とは学習塾や習い事などの費用
※単位は百万円単位

一番教育費をかけたくないのであれば、すべて公立で進学していくと教育費の総額は約504万円

もしものことがあっても、今現在500万円の貯蓄があるのであれば子供の進学はなんとかなりそうです。

ただし、一番教育費がかかるオール私立を考えているのであれば、約1,677万円

小学校、中学校から私立に行くのは田舎の方では一般的ではないので、都心部で教育に力を入れているような家庭であれば高校までに1,600万円以上の教育費がかかることを念頭に入れておいたほうが良いです。

そして、現在では半数の人が進学すると言われる大学ですが、こちらも大学費用を表にしました。

私立大学であれば大学の事情で教育費も大きく変わることもありますが、平均値としてまとめてあります。

大学進学時の年間支出額

大学進学時の年間支出額(初年度納付額)

費用項目国公立大学私立大学私立大学私立大学
文系理系医歯学系
入学金28.224.726.5103.6
授業料53.674.2104.3276.4
施設設備利用料等0.016.018.786.4
合計81.8114.9149.5466.4

※全体平均なので、私立大学についてはそれぞれの大学により大きく費用が変わることがあります。

やはり医師学系の私立大学は教育費かかります。

これを在籍期間で集計をしました。
(医歯学系は6年間、それ以外の学部は4年間)

大学進学時の在籍期間支出額

国公立大学私立大学私立大学私立大学
文系理系医歯学系
入学金28.224.726.5103.6
授業料214.4296.8417.21,658.4
施設設備利用料等0.064.074.8518.4
合計242.6385.5518.52,280.4

 

やはり、医歯学部系になると大学在籍期間だけで2,000万円超えです。

それ以外の学部でも、私立大学に進学すると年間平均で100万円以上の支出となります。

ただ、私立の医歯学部系であれば、年間1,000万円かかる大学もあるという情報もあるので、私立で医歯学系に行けるような家庭もかなり限られます。

大学までの教育費はいくら貯めるのか

ここまでで教育費についてはどのコースをたどるかでつかみがでます。

幼稚園から大学までで一番教育費がかからないコースだと、約1,493万円

一番教育費がかかるコースだと、オール私立の医歯学系で約3,957万円。

ただし、医歯学系に関しては+1,000万円~2,000万円程度で考えておかないと上限は大きく変わることでしょう。

一般的な幼稚園から大学の進学で教育費を考えると、平均値として約1,600万円~1,800万円で教育費を考えておけば、子供の教育費については問題ないと言えそうです。

ただし、今回の集計は『教育費』だけです。

実際に子供にかかる費用は、おこずかい、衣食住費用、その他臨時的費用も発生します。

関連記事:子供には教育費以外にもこれだけの子育て費用がかかる!

関連記事:平成29年度世帯支出の平均値と我が家の支出額を比較する!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です