タイヤの交換に続いて車メンテナンスの話題。近くのホームセンターニシムタでバッテリーを交換

ニシムタへバッテリーの交換へ

昨日のタイヤの購入に続いて、本日はバッテリーの交換をするために、近くのニシムタへ。
私、昔からニシムタを利用してオイル交換などしてます。
いつもお世話になっています!

そして、タイヤと同じく、購入してから5年間バッテリー交換していないんです。
前に乗っていた車で一度バッテリーがダメになり、致し方なくディーラーで慌ててバッテリーを交換した経験があって、できれば余裕をもって交換しておきたいってのがあるんですよ。

ということで、今回もニシムタにてバッテリー交換をしました。
タイヤの時もでしたが、バッテリーのこともよくわかっていない私。
ネットで車のバッテリーがどのくらいかなーって探していると4,000円~6,000円であるじゃないですか。

思ったりも安いのかな~という期待を胸にニシムタへ向かいます。

さすがに10,000円以内にはおさまるだろうと思ってお店に行ったんですけど、完全に間違ってました。
どうやら私の車は『充電制御車』 で『充電制御システム』が採用されているということで、私がネットで見ていたバッテリーとは異なるバッテリーを取り付けないといけないとのこと。

ちなみに、充電制御車が従来車とどう違うかというと
従来車は、オルタネータと言われる発電機の発電電圧を高くして常にバッテリーが充電満タンになるようにしているけど、充電制御車は車の走行状態でオルタネータの発電電圧を制御していて、これによりメリットとして燃費の改善を図れるんだとか。
詳しい説明は『Panasonic』 のホームページでわかりやすく説明してありましたよ。

私の車にはどのバッテリーが適正なのか?

この初めて聞いた『充電制御車』という響きで嫌な予感がしたんですけど、店員さんに案内されてバッテリーのおいてあるコーナーで車に合うバッテリーを探してもらったところ、ありました。
私の予感的中です。
そのお値段 18,000円(税抜)。

『ゲッ!!』

と思ったのは心に留めておいて、ほかに安いバッテリーがないのか急いであたりのカウンターを見ますが、このバッテリーが一番お得な様子。
覚悟を決めて、バッテリーの交換をしてもらいました。

そうそう、バッテリーの写真も撮っておきました。

battery

これが『充電制御車』対応のバッテリーのようです。

交換自体は20分程度で終わったので、帰ってからネットでどのくらいするものかを調べてみると、ネットでは同じものが14,000円程度で販売されてました。

やはり、ネットで購入する方が安いですね。
メーカーによっては7,000円程度のものもあります。

ただし、『GS YUASA』は私でも聞いたことがあるメーカーですけど、安い方のメーカーは聞いたことがない。
安い魅力はありますが、勇気使いますね。

それだけじゃないバッテリーの取り付けという作業

この金額を見ていると、店頭で購入するのはもったいなかったかなって思ったんですが、バッテリーを単品で通販購入しても私の場合自分では取り付けられないじゃないですか。

もしも自分で取り付けられる方には単品購入って良いんでしょうが、取り付けられない人が持ち込みで取り付けてもらうのは結構嫌な顔されるし、場所によっては工賃も通常の2倍から3倍請求されるようなこともあるようで・・・。

しかも、バッテリーの種類もたくさんあってどれが自分の車に適しているのかもわかってませんでしたし。
その結果が『充電制御車』という新事実。
調べればいいんでしょうが、自分が不得意な分野というのは丁寧に調べていっても思いもよらないことがあったりするんでね。

もう、店頭で聞いて、そこで購入、取り付けが安心です。
ちなみに、工賃は500円で取り付けをしてくれましたよ。

思いもよらない出費でビックリはしましたが・・・ひとまずバッテリーも交換できたので、これで安心ですね。

バッテリーの選び方と取り付けは難しいが、タイヤは購入でOK

今回バッテリーの交換については、自分でバッテリーだけ購入して店頭で取り付けというのはメリットとデメリットを比較した時にうまく収められなさそうでしたので、当たり前に店頭で交換することを選択しましたが、タイヤは購入でもちゃんと取付作業をしてくれる業者があります。

タイヤこそ同じタイヤでもピンからキリまで、価格帯も様々です。

一般的には日本製のタイヤはタイヤとしての性能はもちろん優秀なのでしょうが、その分値段も高いです。
一方で、韓国や中国、インドネシアなどで製造されたタイヤも最近では購入することが出来ます。
近くの店頭で販売されていなくても、全国各地通販で購入することもできるので、私はオートウェイで通販でタイヤを購入しました。

株式会社オートウェイ

前回の記事を見てもらうとわかりますが、私が今回購入した中華製タイヤはとにかく安いです。

中華製タイヤ購入記録

その機能については、これから自分で体験していかないといけないところですが、少なくとも2年はもたせてやろうと思っています。
そもそも年間走行距離にしても年間で6,000キロ程度しか走らない車なので、いくら中華製タイヤと言えども、2年間は持ってくれると信じてます。

日本製タイヤで1回交換する金額で、中華製タイヤであれば2回交換することができるだけの金額差が出てくるので、こまめにタイヤを交換していれば中華製のタイヤでも安全は十分に担保でき、むしろ短い間隔でタイヤを交換するほうが安全性が高い場合だってあるのではないかと思います。

スマートフォンだって、当初は嫌がられていた傾向のある中華製スマートフォンも、今では日本でも一般的に受入れられるようになってきていますよね。
タイヤだって同じで、中国の技術も著しく伸びていますし、タイヤの性能だって日本に追いつこうとしていると考えると、あながち侮れません。

タイヤに関しては、通販購入でお好みのタイヤを購入することをおすすめしたいです!

 

 

 

 

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です