docomoガラケーでmicroSDが反応しない事態が発生。microSDについて初めて知ったこと。

これまた親が使っているdocomoのガラケーについてです。
私がスマホを渡しているけど、スマホは通信専用で使っているので、通話やメールはガラケーでしているんですね。

そのガラケーがすでに10年近く利用しているようで、まーボロボロになってきているんですよ。
本人はそんなに電話することもないし、ボロボロでも一向にかまわないということでこれまでそのボロボロガラケーを使い続けていたんですけど、最近は自分の年齢よりも10歳以上年配の70代80代の皆さんがスマホを器用に使いこなしているのを近くで見たようで、まずはスマホに興味を持ち出すようになり、そして次はガラケーもボロボロすぎることが気になってきた様子。

ガラケーなので、近くのドコモショップ行けばすぐに交換もできますよね。
最近では白ロムなる端末を購入してSIMカードを差し替えれば使える端末もありますが、どちらにするかは後から決めるとして、まずはガラケーのデータを外に逃がしておこうと。

そこで、私が持っていたmicroSDカードをそのボロボロガラケーに差し込んでみると・・・。

microsd

そうです!反応しない。。。
なんど差し替えても反応しない。

この時点では私もmicroSDについてよくわかってなかったんですけど、10年近く昔のガラケーだったので、おそらくSDカードにも規格があるのかなーくらいに想像していたら・・・やっぱりあるんですね。

microSDならなんでも一緒なんて思っていたら時代に取り残されていました。

microSDカード3種類

  • microSD   ~2GB対応
  • microSDHC ~32GB対応
  • microSDXC  ~64GB対応

見た目はまったく同じSDカードなんですけどね。
普通の『SD』から『SDHC』、『SDXC』とデータの保存容量が増えていくんです。

写真でもわかるように、私が持っていたのは『SDHC』。

そうなると、親のボロボロdocomoガラケーは10年前のものですから、『microSD』じゃないと、その上の規格になる『microSDHC』『microSDXC』には対応していないことでしょう。
まさか、こんなところでつまづくとは・・・。

早速Amazonで探して、購入です。

  • くて、口コミも悪くなかったので、これで大丈夫だろうと信じて注文。

そして、先日届いたのでボロボロガラケーに取り付けたところ・・・ちゃんと動いてくれました。

一応、連絡先であったり、画質は悪いですがこれまでの10年間で撮りためていた写真なんかもあるんでね、思い出は大切です。

いつ壊れるかわからないガラケーにだけデータがあるのは怖いじゃないですか。

それに、ガラケーも変更したいと珍しく親も気が向いているようなので、息子として協力しないわけにはいきません。

ちなみに、『microSDHC』と『microSDXC』も参考までに載せときます。

これがSDHC

こちらがSDXC

見た目は一緒なんですけど、よくよくみると規格が載っているので、今使っているモバイル機器の規格を確認してから購入しないと、同じSDカードだと思って購入したら私みたいに使えないじゃんてことにもなりかねないですからね。

それと、注意したいのが、『書き込み速度』。
どうやら『class』 というので書き込み速度を表示しています。
『class』には、『class4』と『class10』の2つがあって、class4は最低書き込み保証速度が4MB/秒class10は最低書き込み保証速度が10MB/秒の書き込み速度になります。

つまり、『class10』の書き込みが速いということですね。
あとは、使い方次第で選択でしょうか。
デジカメ用に使うのであれば、class4でも対応可能でしょうし、動画を利用するモバイルであればclass10の方が安心でしょうし。

知っている人は当たり前なんでしょうが・・・身近すぎて、案外知らないこともあったりするもんですね。

古いガラケーのデータの取扱をする時にはmicroSDの規格に気をつけましょう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です