子供がいないと人生の8割分の笑顔を損している

かれこれ子供を育てることになって5年目。
最初に子供ができたって聞いた時は、嬉しかったなー。
また子供が産まれるまでも色々あったけれども、子供は心身ともに健康に産まれてきてくれて本当にありがたい。
そんな子供を育てることになって5年経過する今思うことが、
『子供がいないと人生の8割分の笑顔を損している』
kodomo

 

もちろん、これからの子育てのことはわからないよ。
中学校、高校と上がっていく思春期の中でどうしようもない反抗期を迎えるようなことだってあるだろうし、このまますくすくと成長してくれるかの心配だってあるし、直近では小学校に上がってちゃんと一人で小学校まで通学できるかなってちょっとした心配だってたくさんあるし。
ただただ、この5年間は子どもと一緒にいることで笑顔の方が圧倒的に多かったよね。
『自分の子供』ってだけでも尊いものに感じる。
さらに、一人じゃ何にもできなかった子供が、ちょっとずつ声や表情で意思を伝えるようになり、今では、ひらがなをすこしだけ読めるようになってきている。
寝ているだけの状態だったのに、次第に寝返りをうつようになり、ハイハイができるようになり、いつのまにやら歩けるようになり、今では追いつけないくらい早く走れるようにもなってきている。
一人の人間が成長していく様子を一番間近で見ているのは、喜びも当然あるし、感動もするよね。
そんなありがたい経験をさせてもらっている私なんですが、最近は不妊治療を頑張っている夫婦も増えてきましたよね。
私の周りでもよく聞きます。
不妊治療の結果、子供が生まれた夫婦も見てますし、なかなか妊娠につながらないという夫婦も見てます。
また、不妊治療にはお金も時間も体力も使うってことも聞きます。
私が軽々しく『頑張って』って言えないくらい、消耗しているかもしれないけど、子供を育てる喜びって何物にも代えがたい喜びです。
年齢的な制限があるのかもしれませんけど、最後の最後まであきらめないで欲しいって本当に心から願うばかりです。
私も、本当は2人目3人目がいてもいいなって、気持ちもあるんですけどちょっとした事情もあり、2人目は不可能なんですね。
不妊治療したらってちょっとでも可能性はある話ではなく、完全に不可能
それでも、自分の子供が1人いてくれるだけで、笑顔が確実に増えます。
実際に子育てしてみないとわからないこともたくさんあるんですけど、ちょっと先に子育てを経験している立場で伝えるとすると、5年目までの子育てはこんな感じです。
また、来年からが小学生になるんでね。
子供が可愛いことには変わりないですが、そこについてくる環境ってのも成長と共に色々と変わってくるんで、この辺は子育ての苦労の部分なのかなー。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です