洋服の青山で通販スーツを購入して下取りをしてもらった話

洋服の青山の通販スーツを購入した話




洋服の青山の通販スーツを購入

スーツを通販で購入したことある勇気ある方いるでしょうか。

このスーツの購入を通販でするのはハードル高く感じませんか。

スーツは店頭だと店員さんが自分の体のサイズを図ってくれて、それに合わせたスーツの形や種類を選んでくれますよね。

だから、自分でスーツを通販で購入するのはサイズを間違わないかが難しいところです。

おそらく普段着る私服を通販で購入した経験がある人は多いですよね。

私服であれば、多少サイズが合っていなかった場合でもなんとかごまかしききます。

しかし、スーツは体にしっかり合わせたサイズや形を選ばないと見た目が悪いです。

実際に私がスーツのサイズや形を選択ミスしたことあるので、自分のサイズを知っておくことはスーツを通販で購入する際の最重要事項!!

では、どのように通販でスーツを購入すれば良いか、私の事例を参考に紹介していきます。

通販スーツを買うためのサイズを知る

まずは、自分の身長と体重です

基本的な情報として身長と体重はどのくらいでしょうか。

私は身長172cmの54キロ。

細身の体型です。

続いて、自分の股下、胴回りを計測。

自分の股下を測っていきましょう。

すでにスーツを作ったことがある場合は、今履いているズボンで股下に縫い目の合わさる部分がありますよね。

matasita2

写真の中心部分。
そこから、裾までの長さを測ります。

mataasita1

私は76cmでした。

もしも初めて作る場合であれば、今私服で履いているズボンありますよね。

そのズボンでちょうどフィットしていると感じるズボンに合わせた股下サイズを参考にしてみてください。

ただ、一番最初にスーツを作る場合は店頭で作って、2回目以降から通販を利用してスーツを購入するほうがミスの可能性がより少ないかもしれません。

続いて、胴回りをサイズを測ります。

胴回りは、普段ベルトを巻く位置で測ります。

おへそのちょっと下くらいで巻いているんじゃないでしょうか。

個人によって異なるので、自分の『ベストポジション』で計測しましょう。

ちなみに私は胴回り78cm。

ここまでで自分の体型とサイズが把握できましたね。

では、表から自分のサイズに適したスーツの型を選択します。

これは洋服の青山さんのサイズ表を引用させてもらいます。

  • サイズ表
suitsize

ちょっと小さくて見難いですけど、私の体型であれば、YA5かYA6のサイズが私に適したサイズのようです。

身長がちょうど中途半端な位置にあるので選びにくいのですが、この時はYA5のサイズを選択してます。

size

これで、自分の体に適したサイズを注文しました。

注文の際には股下の長さと、裾の仕様、止め方を指定してから注文します。

ただし、この時の青山の通販スーツの場合はスーツのデザインは選べなかったんです。

サイズだけ選んだら後はどのデザインが届くかはわかりません。

それでも店頭で購入するよりもかなり安く購入できるのでこの時は通販で購入してます。

実際に届いた通販スーツ

  • 届いた時の包装
aoyama2

 

  • 入っていたスーツ
aoyama1

デザイン悪く無いですよね!

実際に職場の女性にも『デザインイイね!』って言ってもらいました。

最初に購入した際は体型のサイズを間違ってしまって全体的にブカブカ感があったんです。

YAでちょうどよかったのに、Aサイズを選択してしまったので。

そんな失敗をしてからの購入でしたので、もしも私と近い体型であればこの紹介した通りのサイズでぴったりだと思います。

古いスーツとシャツを青山に下取りへ

今回新しいスーツが届いたので前から処分をしないといけないと思っていた古いスーツも下取りに出してきました。

今回下取りをしてもらったのはコムサで購入したスーツ2着と夏用のシャツ3着

p50bGzWJ7syvPdsV6JOE2fpmG0V1Kk52fLIQLubgnC8=w898-h545-no

スーツは長年使用していたので生地の痛みがきていました。

シャツについても長く着ていたものもあり、襟周りに黄ばみができているものもあります。

もちろん、着用してそのままとかではなく、秋冬シーズンで保管している間に保管状況などが悪く、黄ばみが出てきたものです。

汚いから引き取りしませんと言われないか少し心配だったんですがそこはさすが青山さん。

ちゃんと引き取ってくれました。

そして、下取りと引き換えに割引券もいただきました。

HjpbUnxhL6Fr8sFvz8nURER9mmCEduFI9siCAi0LNn8=w853-h498-no

スーツはスーツの割引券、シャツはシャツやネクタイ、ベルトの割引券に変わるようです。

ただし、この割引券はスーツだと38,000円以上の商品購入時にしか使用できません。

青山にいくとこの38,000円の商品は意外と少ないように感じます。

安価なスーツであれば、18,000円からであったり少し高くなると50,000円以上するスーツが多いです。

もちろん、50,000円から20,000円割引されると大きい割引のように感じますが、以前は2着購入すると2着目は1,000円になるセールもあったので、まとめて2着以上購入する方にはそれなりにお得なセールがありました。

なりよりも私のように通販でスーツを購入した方が確実にお得のような気がします。

元の値段はわかりませんが、13,000円でスタイリッシュスーツが手に入ります。

次に、シャツの割引券について2,000円以上でないと割引券使用できません。

大きい金額の割引券をいただきましたが、実は使い勝手の良い割引券ではないようです。

そんな割引券のことはそもそも期待もしていないものであったので別に良いのですが、個人的には捨てるだけのシャツやスーツを引き取ってくれただけでありがたいですし、今回のスーツやシャツが何かに生まれ変わって少しでも資源の無駄が省ける方が何よりもうれしいですよね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です