介護職の給料を伸ばしていく5つの方法

介護職の給料を伸ばす5つの方法




介護職の給料を増やすには

世間的には給料が少ないというイメージがいまだに根強い介護職ですが、介護職として働いていく上でどうすれば自分の給料を伸ばしていけるか考えてみたことがあるでしょうか。

ただ国の対策を待っているだけではこれから先も大きくは変わっていかないでしょう。

なぜなら、介護職の給料は介護報酬に基づいて計算されています。

今後介護報酬の単価が上がらない限り、介護職の給料は大きくは変わりません。

なぜなら国もお金がないので急激に介護職ばかりを優遇するような政策は取りにくいでしょう。

しかし、そんな環境でも今の給料より介護職自らが給料を増やす取り組み方法がないのかを考えました。

介護職の給料を上げていく方法

方法1 規模の大きい施設に就職する

これは、今の介護報酬体系であれば経営規模の大きい施設の方が、経営規模の小さい施設で働くよりも処遇や待遇がいいです。

できれば医療法人などが運営している施設の方が、医療系の高い賃金水準に多少なり引っ張られる傾向もあるので、経営規模の大きい施設、医療法人運営の施設に勤めている介護職として働くことがおすすめです。

方法2 安易に転職を繰り返さない

これは介護職のキャリアとしての問題。

介護職で転職を繰り返していくのは、給料のことだけを考えると不利です。

介護職の給料は看護師などの他の医療、福祉系資格と異なり、一度転職をすると転職先の運営会社では一番スタートからの給料になるところがあります。

それまで務めていた勤務先の給料を実績として組み込んだ給料を支給してくれるような法人であれば良いですが、転職はしたものの給料が下がった、昇給ペースが落ちた、もしくは昇給がないといったことも少なくないようです。

比較的安定した経営基盤があり、毎年昇給がある賞与が支給されるそういった施設に就職できたのであれば、安易に転職することは辞めておいたほうがいいです。

時には『今度施設を開設するので、そこの管理者としてきてくれないか』といった甘い誘いや仕事自体は今より大変じゃないからきてくれないかといった誘いもあったりするかもしれません。

『管理者』や『楽して今より稼げる』という幻想だけを見るのではなく、冷静にその施設は信用できる施設なのか、母体としてどうなのかを冷静に見極める必要があります。

方法3 資格の取得を目指す

介護職として働いていると一番最初に目指すべき資格は『介護福祉士』ですね。

介護の専門職として必要な資格です。

しかしそこで止まっていては給料の伸びは想定内の範囲に収まってしまいます。

せっかくこれから介護の現場で働いていくのであれば、常に次のステップを考えましょう。

例えば、介護福祉士を取得した後に5年実務経験があれば介護支援専門員の受験が可能になります。

いわゆるケアマネですが、今後高齢化が進んでいくことや老齢人口が増えてくることを考えれば活躍の場が広がる資格です。

また、ケアマネの経験を活かして施設の生活相談員として業務を行う可能性もでてきます。

そして、生活相談員としての経験を積んでいくことで、一定期間教育施設で受講をする必要はありますが、社会福祉士への道も目指せます。

社会福祉士は診療報酬でも加算に関係する資格なので、それまで介護の世界だったのが医療の世界への道も切り開いていけます。

さらに一般的には管理職である『事務長』への道というのも見えてきます。

昔は相談員などをしていたけど、今は事務長しているという人も多いです。

現場の仕事をしていていきなり事務をしろというのは個人の好みもありますが、管理職を目指そうとすると現場の仕事にだけこだわりを持っていてはいつまでも給料は伸びていきません。

そこだけに収まっているのではなくて、次のステージを考えていくことで可能性も広がり給料の伸びも想定外になっていきます。

方法4 副業をはじめてみる

いいか悪いかはその施設の就業規則を要確認ですが、副業の選択肢もあります。

どんな副業がいいかをいいたいわけではありません。

介護職の仕事は勤務時間は割りと時間通りです。

長時間拘束されることが少なく、仕事時間以外はプライベートの時間も確保しやすいとも言えるので単純に収入を増やす為、もしくは新たな可能性を広げる為、副業に励む時間も確保しやすいのではないでしょうか。

副業が本業の収入を超えたという人も世の中にはいます。

副業が本業になったという方もいます。

今の給料に不満を持っているのであれば、新しいことにチャレンジしていくことも可能性を広げる方法です。

方法5 思い切って起業してみる

介護事業は業界規模だけで考えるとまさに日本で数少ない成長分野です。

医療需要はある時期を境に減少に転じる予測も出始めていますが、介護需要はまだまだ成長する予想が見込まれています。

今こそ介護事業として一旗揚げるチャンス。

そうはいっても、メリットもデメリットもすべては自分の責任となるので、強い意志を持って経営をしていかなければなりません。

自分で自分のしたい施設運営ができるのはきっと楽しいです。

それに自分の給与も自分が貰いたいだけもらえます。

ちゃんと施設が継続していけるのであれば自分の給与は自分が決められます。

その半面、苦情があった際の対応から、施設の事務手続きから、職員の採用、会計上の手続きといったありとあらゆるものが自分の責任のもと行う必要があります。

それだけの度胸と覚悟があれば、起業という手もあります。

最終的に、自分が介護職として働くというよりは、外に目を向ける話になってきましたが、可能性として介護職の給与を伸ばしていく手段はいくらでも広がっています。

そういう自分を想像するか、実行できるかはすべて自分次第です。

介護職だからではなく、自分が行動できるかどうかですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です