これが『おもてなし』!!東京ディズニーリゾートで体験してきたこと

ちょっとおそいゴールデンウィークですが、つい先日東京ディズニーランドまで行ってきました!!
私も東京は何度か行ったことがあったのですが、東京ディズニーランドは初めて。
正確には東京ではないようですが・・・。
正直、最初はディズニーランドに行っても特に個人的な目的はなかったので、子供に付き合って園内を楽しむかなーくらいの軽いノリでしかなかったのですが、東京ディズニーリゾートを舐めてました!!
ディズニーさんごめんなさい。
disney

 

東京ディズニーランドに行くとタイミングがよかったのか、入園してすぐにパレードが始まりました。
ディズニーのキャラクターとイースターバニーが列になって踊りながら進んでいくんですけど、まー、みんな一生懸命に踊ってくれてますよ。
それに、周辺で見ている入園者とも触れ合いながら、巻き込みながら盛り上げてくれるんですね。
あの空間や雰囲気を全員で作っていることに感心します。
『仕事だから・・・』って思うでしょ。
でも、仕事と言っても、ここまで毎回一生懸命に、動作から表情まで全力で演じてくれているんですよ。
一つ一つの動きや表情がきれい! 
自分たちが普段仕事をしていても、その仕事をずっとしているとどこかで力を抜くポイントがわかってきたりして、最初は120%で取り組んでいた仕事も次第に80%程度の力でできるようになってきますよね。
だけど、パレードで演じているキャラクターやイースターバニーの動きは見ている限りでは全力で演じてくれていて、見ていてホントに楽しかった。
このパレードを毎日一日2~3回しているのであれば、徐々に、それは意識していないとしてもゆるくなっていきそうな気もしますが、プロ意識を感じました。
ちなみに、私もまずシンデレラ城にテンションが上がり、パレードで最後に出てきたミッキーの姿にテンションマックス!
思わず子供そっちのけでミッキーに手を振っている自分の姿が・・・。
それと、東京ディズニーリゾートはこれだけに留まらず。
園外の『おもてなし』にも感心しました。
ホテルからランドまでのバスでも、面白おかしく道中の案内をしてくれます。
左手側に観覧車が見えて、今は日本で一番高い観覧車なんだけど、もうちょっとで関西にもう少し高い観覧車ができるんですやら、ディズニーランドホテルのティンカーベルは、実物は10センチ程度の妖精なのに、ホテルの屋根にいるティンカーベルは150センチもあるとか、最後バスから降りるときには運転手自らミッキーのものまねをしてくれたり・・・。
わずか10数分の間のバス移動時間でさえ、楽しませてくれたバスの運転手にも感動しました。
当日は午後からしか遊べなかったんですが・・・あと2,3日じっくり遊んでみたいなと思わせてくれるのは、ディズニーランドのすごいところなのかなー。
東京ディズニーリゾートは大人も夢中になれる場所でした!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です