自動車事故で気になる過失割合!10対0の事故事例が発生

自動車事故に遭遇 10対0の事故事例




自動車事故の過失割合

自動車事故をした時によく耳にする過失割合。

自動車事故に遭遇したことがない方にはピンとこないかもしれませんので、過失割合を簡単に説明すると、過失割合とは発生した交通事故に対する責任(不注意、過失)の割合のことです。

当事者双方に過失のある事故の場合、通常は当事者が契約している保険会社の担当者が話合い過失割合を決定します。

その話合いの基準は過去の裁判例になります。

実際の事故と類似した過去の裁判例を基準として、実際の事故状況に応じて割合を修正しながら決定していきます。

過去の事例に基づいているので、事故パターンから概ね過失割合というのはベースになる過失割合が決まっており、そこから個別の事情を加味して過失割合を決定していくんですね。

過失割合が10対0になった事例

自動車事故も様々な事例があるのですが、その中でも特異な例として過失割合が10対0になるパターンにいくつか遭遇したことがあります。

これは私の職場で起こった事例になりますが、基本的には一方の車が止まっているにも関わらず、停車車両にぶつかったりすると過失割合は10対0ということはありますが、過去には以下のような事例もありました。

事例1

koutuujiko

この事例は、自車の前を走っていた相手車が細い路地に左折をしようとしていたところに、対向車がきたのでバックをして一旦公道に戻ろうとしたときに、自車のフロント部分と衝突をした事例。

この時自車はしっかりと止まって相手車が左折できるのを待っていたため、動いていない状態でした。

この場合は、完全に自車が止まっている状態で相手からぶつかってきたので、10対0で話がついたようです。

止まっている車に衝突なので基本のベースが10対0になっていますね。

このようなことは日常生活で車に乗っていてもあることなので、車に乗っている時には慌てないことを心がけたいです、

事例2

koutuujiko2

この事例は、自車が右カーブを走行中に対向からきたバイクが転倒しながらオーバーラインで衝突してきた事例です。

バイクがスピードを出しすぎていたためにカーブを曲がり切れずにセンターラインをオーバーしてしまった状況。

車は走っている状態でしたが、センターラインを超えてやって来れば避けようが無いですよね。

この件も10対0で話がついた様子。

実は私もこの反対車線から相手側が飛び越えてきてぶつかったことがあります。

私の車は動いていましたが、対向車が飛び込んでくるのは避けようがなく、私の場合もすべて相手側の保険で対応をしてもらいました。

関連記事:自動車事故で被害者になった時の対応

この2つの事例が10対0という過失割合となり、自車は事故に遭遇したもののこちら側の保険は利用せずに済みました。

自動車事故は基本ルールからの個別修正で過失割合を決定

基本的には、自車が動いていない状態であれば10対0で解決する可能性が高いようですが、少しでも動いている状態で事故を起こすと過失がなさそうな場合でもその事故を予見する義務があると見られて発生する可能性があるようです。

例えば、直進車に対向の右折車がぶつかってきたとなると直進車の過失割合が2で右折車の過失割合が8となり、一見右折車が一方的に悪そうですけど、直進車にも過失割合がつくんです。

ではどうして直進車に過失が付くかというと、直進車も対向車が右折してくると予測して運転する義務があるからです。

しかし基本の過失割合は決まっていても、直進車がスピードを出しすぎていた場合やよそ見をしていた場合等の事情が分かれば過失割合も変更になるので、基本のルールにそれぞれの事情を考慮した過失割合が保険会社同士の話し合いで決定となるんですね。

自分ではまったく過失が無いと思い込んでいてもその事故を防ぐ義務が多少なりともあると見られると過失がつくので、一般的には10対0の割合で過失割合が決まる事例はあきらかに自分側に否がない時にしか適用されません。

自動車事故に遭遇しても冷静になること

自動車事故にもしも遭遇してしまうと、正直誰でも頭の中が一瞬パニックになります。

保険代理店をかじっている私でも自分自身が事故に遭遇すると一瞬焦りました。

「これはどうしたらいいんだ!?」

事態を自分の中で理解するのに頭がパニックになるのでしょう。

ただし、自動車保険をしっかりつけておけば慌てることはありませんので、事故に遭遇した場合はまず警察を呼ぶことです。

警察を呼んで、あとは相手がいれば相手方の怪我の状況、自分の怪我の箇所、相手方との連絡先の交換等少しづつ対応することを思い出していけばいいです。

なにより一番最初にすることは警察への連絡です。

そしてやっちゃいけないのは勝手にその場で示談にすることです!!

ここだけはなんちゃって保険代理店の人間ですが、強く注意して欲しいことです。

勝手に示談で済ませて、後から怖い人が出てくるなんてことに遭遇したくはありませんよね。

自動車事故は慌てずに、まず警察、あとは時間の経過とともに冷静さを取り戻していきましょう。

関連記事:自動車保険の保険料は安いのが一番

関連記事:自動車事故で保険を使う目安の金額に悩んだ件



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です