銀行の退職率は30代までに40%以上!退職の理由や背景とは

銀行員の退職率は40%以上 退職の理由とその背景




銀行の退職率は30代までに40%以上

取引先の担当から聞いた話です。

銀行の退職率は30代になるまでに40%もあるそうです!

これは100人入行したら30歳になるまでに40人は退職という道を選択しているということです。

あれだけ苦労して就職活動をしてようやく内定をもらっただろう企業に入社したんも関わらず、入社後40%以上の人は退職という選択をしているのです。

多いですよね。

よく言われていたのは、七五三という話は聞いたことがありました。

入社した人間が3年以内に辞める可能性が高い方から中卒で7割、高卒で5割、大卒で3割が3年以内に辞めるという話です。

この話に照らし合わせると30代になるまでに40%が退職を選ぶというのもありえる話のように感じます。

退職を選択する理由とは

なぜこれほどまでに退職を選ぶ銀行員が多いのか。

私がよく面談をする担当者(40代)の方からこんな話が出ていました。

『我々の時代はこんなに高い割合で辞めることはなかったですけどね』

銀行員の給与が相対的に高給だったのはもう20年も30年も昔の話です。

今はその当時と比べると全体的に銀行員の給料も下がってきてます。

私がいた銀行の役席も言っていました。

『昔は、この役職ならもっと給与が高かったのに、今もらっている給与はその当時の給与と比べるとそんなに高くなってない。』

この藩士を聞いてビックリしました。

これは私が10年前に聞いた話で、さらにその20年近く前の話なので今から30年くらい前の話になるでしょうが、その当時はバブル絶頂期で今では想像できないくらいの状況でした。

その当時銀行員の皆さんは給与も大変な額を頂いていたようです。

しかし、時代は過ぎ今では銀行は斜陽産業と呼ばれてもおかしくない状況になっています。

今でも鹿児島では公務員と並んで平均給与が高いのが銀行ですがそれは地方だけの話となっています。

しかも、地方でもその業務量や処遇をみるとそんなに贅沢な暮らしができるほどの給与でもなくなってきており、給与が高くても支出が多いので収入と支出の差し引きでみるとそこまで贅沢できるわけでもないのが銀行員です。

例えば、看護師同士の40代の夫婦でそれぞれが年収500万稼いでいれば世帯所得は1000万円です。

しかも転勤もなく、お客さんとの付き合いもありません。

また、資格で転職がすぐにでも可能です。

一方で、銀行員の場合は40代で平均年収が650万~700万くらいとして、奥さんがパートだとしましょう。

パートなので年収は100万くらいでしょうか。

世帯所得は約800万程度。

しかし、転勤があります。

お客さんとのお付き合いがあります。

単身赴任であれば、2世帯分の固定費がかかります。

もしも銀行を辞めるようなことがあれば、特別な強みや資格がないとしると就職先を探すのは苦労することが考えられます。

もしも、奥さんが夫が単身赴任でバリバリの正社員で働いていたとしても、鹿児島の女性の平均年収であれば約300万円程度。

これで世帯年収では看護師夫婦世帯と同じですが、単身赴任となれば2倍の生活コストは免れません。

またお客さんとのお付き合いの多さも変わりません。

世帯の収入と支出の差額でみると、地方でも銀行員である良さは年々薄れてきています。

働き方と稼ぎ方が大きく変化してきている

昔は男は外に働きに出て、女性は家庭で家事をするというのが珍しくなく、男性の所得に大きく家計を頼る部分が大きかったですが、今では夫婦で家事を分担し、夫婦で稼ぐという働き方がかなり増えてきました。

昔のように男性が家計の大きな部分を稼ぐとなると銀行員としてバリバリ稼ぐことでその家計づくりができていたでしょうが、今では銀行員の所得も下がってきており、さらに転勤やお付き合いの多さに支出も多い職業であることから、銀行員として男性がバリバリに稼ぐよりも地元で夫婦でそこそこ稼ぐ働き方というのも一つの選択肢になってきています。

またその仕事が好きで続けていないのであればそこに執着する必要も昔ほどなくなってきています。

他に仕事があるのかといわれると具体的に仕事をあげることはできませんが、仕事は縁です。

自分が動いて仕事の情報をかき集めやすくなってきていますし、動けば動いただけ有益な情報も入ってきます。

働き方もネット環境や技術の進化で大きく変わり、企業という組織に頼らなくても自分で稼ぐ手段も増えてきています。

所得が高いから銀行員になるという考え方も今では少なくなり、それに加え就労環境が大きく変化していることも重なり、銀行員の退職率も大きく上がってきているとも考えられます。

一人の所得よりも世帯としての所得

男性にとって所得が高いというのはステータスとしては男性の承認欲求を満たしてくれることです。

一人で500万円稼ぐか、1000万円稼ぐかというのは男性とすれば1000万円稼げる方が世の中では評価されやすいです。

しかし、夫婦二人で1000万円を稼いだほうがその世帯に残る収入は増えます。

老後も、夫婦二人で働いて年金をもらう方が年金収入も多いです。

500万円でプライベートも楽しめる余裕を残しながら働くか、1000万円もらえても激務でプライベートまで余裕がない働き方がいいかという働き方の考え方もあります。

今は仕事は仕事、遊びは遊びとしてメリハリを付け、成果で評価される働き方が望まれており、全てを仕事に捧げるという働き方は昔よりは評価されなくなってきてもいます。

所得が高いというのは人から羨ましく見られる働き方でもありますが、仕事だけではない生活設計、世帯設計、働き方設計といった自分の生き方としての働き方を考えることが大切になってきています。

関連記事:銀行員も証券マンも仕事内容が変わってきて営業どころじゃない

関連記事:働き方改革が厳しい!医療業界と労働集約型産業には辛い話

関連記事:銀行員は飲み会が多い!飲み会ばかりの銀行風土に疑問



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です