鹿屋市から鹿児島市に行くまでの所要時間と交通費はいくらか

鹿児島市




陸の孤島大隅半島

鹿児島県では『じゃない方の半島』とも言われる大隅半島。

というのも、公共機関はバスしかなく、電車は私がまだ幼いころに走っていたのをなんとなく覚えているくらい。

そんな陸のこと大隅半島の中核都市である、鹿屋市から鹿児島市まで行くまでに必要な所要時間と交通費はどのくらいなのか。

薩摩半島と大隅半島の間には錦江湾という湾があるおかげで、フェリーで渡る方法、高速道路で行く方法と時間とお金がそれぞれ変わってきます。

そんな選択肢の多い鹿屋市から鹿児島市までの所要時間と交通費をそれぞれ調べました。

 

選択1 自家用車で高速道路を利用する

一番最速で到着見込みになるのがこの方法です。
所要時間は1時間40分程度と急ぎの用事で鹿児島市に向かいたい時にはこのコースでしょうね。
では、必要な交通費はというと。

  • 高速道路料金(普通車)

  ETC搭載車 1,320円(休日割引) ETC非搭載車 1,890円
ETC搭載車 1,890円(平日)

  • ガソリン代(燃費15km/L)

  走行距離103km/15(燃費)✕ガソリン価格150円=1,030円

片道の交通費は、合計でETC搭載車であれば休日2,350円、ETC非搭載車並びに平日であれば2,920円

選択2 自家用車で桜島フェリーを利用

高速道路ができるまでは一番利用された選択肢です。

所要時間は1時間41分。

今回は鹿屋市役所から鹿児島市まで向かう時で計算していますので、訪問場所によっては鴨池フェリーを利用することも考えられます。

必要な交通費は以下の通りです。

  • ガソリン代(燃費15km/L)

  走行距離45.2km/15(燃費)✕ガソリン価格150円=452円

  • 桜島フェリー代
車両の種類運賃
3m未満1,070円
3m以上4m未満1,400円
4m以上5m未満1,950円
5m以上6m未満2,390円
6m以上7m未満2,670円
7m以上8m未満3,540円
8m以上9m未満4,490円
9m以上10m未満5,480円
10m以上11m未満6,480円
11m以上12m未満7,430円
車長が1m増すごとに860円

仮に4mの車を利用する場合

車を渡す場合(普通車4m~5m) 1,950円
人だけが乗る場合  人のみの場合 1名大人200円

片道の交通費は、車を鹿児島市まで渡す場合は2,402円、人だけの場合は652円。

交通費だけを考えれば、車で桜島港まで向かい、人だけフェリーに乗るのが一番安い交通費になります。
鹿児島市役所自体がフェリー乗り場から歩いて10分程度で着くので、目的地にもよりますが、わざわざ車を渡さないでいい場合もおおいのではないでしょうか。

特に1人で鹿児島市内にいくような場合は、鹿児島市内であれば、公共機関を利用したほうが移動しやすいことだってありますよね。



選択3 鹿児島中央駅ー鹿屋間直行バスを利用

今は鹿屋から鹿児島中央駅まで直行バスが通っていますので、バスに乗りさえすればとりあえず鹿児島市内まで行けます。

ただし、途中の移動中は自分の自由に停車したりできないので、窮屈感や若干の不便感はあります。

バス路線なので、リナシティ前の停留所から金生町(山形屋前)までの路線で所要時間と交通費を計算します。

所要時間は約2時間7分。
2時間の大台超えです。

では、交通費はというと、片道1,500円。

とりあえず、乗っているだけで鹿児島市内まで連れて行ってくれるので、楽はしますが、移動時間が長くなるので気が短い人にはオススメできません。

選択4 自転車、徒歩で行く

時間があればチャレンジしてみたい。
出来る限り交通費がかからずに鹿児島市内まで行ってみよう、ということで自転車や徒歩で鹿児島市内まで行ってみるとどのくらいかかるか。

自転車の場合

平均速度20km/hと少し速いペースでこいだ時桜島港まで

45.2km/20=2.26時間

フェリー乗船時間 20分

フェリー乗り場から鹿児島市役所まで 3分

所要時間は 約2時間40分交通費はフェリー乗船券200円と自転車の輸送料120円の合計320円

徒歩の場合

平均速度4km/hとした時桜島港まで

45.2km/4=11.3時間

フェリー乗船時間 20分

フェリー乗り場から鹿児島市役所まで 10分

所要時間は 約11時間50分

交通費はフェリー乗船代の200円のみ徒歩で行くというのは、さすがに何か挑戦する目的でもない限りはありえないかもしれません。

もしもチャレンジするとなると1日掛かりの旅行になります。

ただ、フェリーや車がない大昔は陸周りで鹿児島市内に行っていたことを考えると、便利な世の中になったもんですね。

まとめ

まとめとして、一番最速で鹿児島市内に行きたい場合は高速道路を利用しましょう。

そんなに急いでないので、そこそこ交通費を抑えたい時は、桜島港まで行って、人だけ鹿児島市内に渡る方法。

究極に時間がある人は徒歩で鹿児島市内に向かうという結果になりました。

それでも鹿屋から鹿児島市内には1時間40分かかるわけですからね。

もし1時間40分の移動時間があれば、飛行機だとすると鹿児島空港から東京の羽田空港までもいけちゃうくらいの移動時間です。

そう考えると、鹿屋から鹿児島市内までの移動時間は陸の孤島と言われるだけあって、どの交通手段を利用してもそこそこの時間がかかってしまいます。



関連記事:南大隅町の雄川の滝はキングダムや西郷どんロケ地で有名な観光地

関連記事:知林ヶ島は油断したら砂州が海に沈んで帰れなくなる島

関連記事:鹿児島県肝付町の辺塚海岸は息を呑むほど美しい海岸

関連記事:【御朱印コレクション】鹿児島県内の神社で集めた御朱印一覧

関連記事:【御朱印コレクション2】鹿児島県外の神社・寺社で集めた御朱印一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です