株式投資で100万円の含み損投資家が前向きになる5つの方法

わたくしこれでも株式投資歴10年以上というなんとなく投資が続いているなんちゃってトレーダー。
基本的には長期(数年単位)で持ち続けて、そこそこ利益が出てきたら売却するスタンスで、これまでそこそこに利益が出ていたんですが、実はつい数年前から新興市場の銘柄に興味を持ち出し、その結果が現在含み損100万円超。
う~ん、これまでの利益分が吹っ飛ぶくらいのなかなかな含み損です。
そんな含み損状態でも、一時期からすればまだマシになったほうで、ある時期は含み損240万円を超えてました。

証拠写真

損益

笑えない・・・。

正直この時は精神的にきたよねー。
ただのヒラサラリーマンにとってこの含み損は大きかった!!
我が家は幸いにも自分のお金の使途は自分しかわからない状態なので、嫁にこの散々な状況を知られることはなかったけど、それでも今現在含み損100万超え。
この含み損が解消されるときは来るのでしょうか。
恐るべき新興市場
そんな含み損投資家が前向きになるための方法を実体験として並べてみた。
その1 中長期で利益が出ればいいんだと考える
購入していきなり株価が下がると気分が萎えますよねー。
だからといって、すぐ損切とかするのも勇気がいるじゃないですか。
そんな時は、短期目線から中長期目線に切り替えです。
今は含み損だけど、中長期では上がってくる・・・はず。
と自分に言い聞かせます。
その2 損益の確定は売却しないと決まらない
ごまかしごまかしで株価の下落を見続けていくと次の開き直りはこれです。
株の損益は売却しないと確定しない。
株は持っているうちはいくら株価が変動しようと、あくまで『株』を所有しているだけで、損も益もありません。
ただ、『時価』という株価があるだけ。
売るときにはじめて損益が確定するのだと、将来の利益を強く念じます。
その3 利益ではなく会社の事業に惚れたんだと言い聞かせる
そろそろ損失が拡大してくるとここです。
『俺は利益ではなく会社の将来性に惚れたんだ』と言い聞かせます。
本来のあるべき投資はこれですよね。
株主として会社の事業を応援したい。
そんな純粋な気持ちで株式投資ができればどんなに素敵なことか。
そして、損失が広がってくると、この境地にたどり着きます。
その4 現実逃避
最後はこれです。
『現実逃避』
私の場合は損失が250万を超えたころ。
こうなったらもう株価を見るのはやめましょう。
株式の損失が私生活まで影響してきます。
(損失が出てくる時点で、若干機嫌は悪くなりますが・・・)
その5 売却する
どうしても損失の拡大が気になり、そわそわ常にそわそわするようなその時は、株を売りましょう。
私はまだこの手段をとったことはありませんが、覚悟した時期はありました。
『全額失うよりはちょっとでも現金化しないと』そう思う瞬間があります。
時価額を見て気分が落ちるくらいなら全部売ってしまったほうが開き直れて、精神衛生上いいのかもしれません。
ただ、私はまだしたことありませんが。
きっと、ちゃんとした投資家はもっとしっかりした考えのもと投資をしているんでしょうけど、私の気分の持ち方はいつもこんな感じです。
絶対参考にならないでしょうが・・・いや、しちゃいけない思考ですが、こんな考え方もあるということで。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です