他人資本を使うことは成功の近道なのか両刃の剣か

他人資本を利用するのは成功の近道か両刃の剣か




他人資本で成功してきたソフトバンク

先日用事があったためフェリーに乗っていた時、テレビから一つのニュースが。

『ソフトバンクが10兆円規模の投資ファンドを作る』

人気の少ないフェリーに流れていたニュースをボケーと見ていた私もこのニュースにはビビッときて、テレビを見てました。

そもそもソフトバンクの孫さんは一代でこの規模の会社を作っています。

10兆円の投資ファンドとなると、ちょっとした国家レベルの金額。

そんなお金を集められるように一代で築き上げたのは本当にすごい。

ただし、一代でここまで築き上げるためには、他人資本を使うことは欠かせないことがソフトバンクグループの有利子負債額をみるとよくわかります。

ソフトバンクグループ

ソフトバンクグループの売上が連結売上で9兆円。

この売上を作るために外部から調達した有利子負債額が11兆円。

有利子負債が売上を超えてる。

それでも、営業利益で約1兆円。

当期利益で5,000億円~6,000億円。

利益が出ているので、この利益から他人資本の返済を行っています。

経理をしている立場で考えると、今の利益レベルで今後も回していければ他人資本の返済も問題ないでしょうが、この利益を確保できなくなってきた時は結構怖いことが起こりそう。

それだけのリスクを取って、売上を立てて、利益を作って、高収益を継続していけるところが孫さん、そしてソフトバンクがすごいところなんです。

少なくとも、他人資本で売上を作って、孫さん自体は日本で有数のお金持ちになっているのをみると、如何にして他人のお金で自分がお金持ちになるかはこの他人資本の使い方による気がします。

無借金の経営が良いわけでもない

よく企業の無借金経営が取り上げられることもありますが、事業自体を安定的に身の丈で運営しておけば、会社は長期的に無借金経営になっていきます。

事業環境の大きな変動などを受ければ、時には他人資本に頼って借金が増えることもあるでしょうが、安定的に運営が行えていれば自然と無借金にはなります。

無借金ということ自体はリスクが限りなく低いですが、一方で現状に満足してしまっているという点もあります。

無借金でも新たな事業に次々投資できるだけの余力があって、利益を上げながら同時に拡大し続けているのであればいいですが、他人資本を資金を調達しながら事業を拡大するのに比べれば拡大スピードは確実に遅くなります。

他人資本を上手に使い続けるということ

短期的に、そしてダイナミックに事業を拡大して自分の人生の間で財産を築こうとする時、どうしても他人資本に頼らないとそこまでたどり着かないというのがソフトバンクグループの現状であって、 このバランスを上手に取りながら継続させているところが孫さんのすごいところというのが経理的な見方です。

この話はお金だけの話ではなくて、普段の自分達も同じでサラリーマンとして一つの企業に勤めているのは、経営者からすれば他人の資本(労働力)を借りて自分に収益をもたらしているということです。

無借金経営の企業の経営者も、労働力という他人資本を借りて会社に自分に収益をもたらしているということは、実は無借金経営の会社でも他人資本に頼って利益を上げています。

こんなことを書き続けていると、サラリーマンしている以上搾取されているような気分になってきますが、サラリーマン(労働者)としては、安定的に収入を得ることができることを考えると、企業にリスクを取ってもらって、自分が成長する機会や勉強をさせてもらって、できる限り安定した人生を送れる環境を作ってもらっていることも含めて考えると、サラリーマンも悪いもんじゃない気もします。

ソフトバンクが他人資本を使ういい例となるか悪い例となるか

ソフトバンクグループは他人資本を利用して急激に成功を遂げてきた企業の例です。

あれだけの他人資本を調達して、その返済やコスト負担を吸収できるだけの収益を上げ続けていること、これこそがソフトバンクグループの凄さです。

一方で、これから収益力が落ちてきた時がソフトバンクグループの危険なときです。

利益が出ているからこそ借入金の返済もできますが、利益が出ない時には借入金の返済ができません。

その際には一時的にさらに調達を増やして資金を回転させていくでしょうが、長期的には利益を上げ続けていかないとソフトバンクグループは急激に財務内容が悪化していくリスクがあります。

今のソフトバンクグループが将来さらに成功する起業となるか、過度の他人資本に頼った結果悪い例となるかはこれからもソフトバンクグループは収益を上げ続けるということが必須課題となります。

せっかく生まれてきたからにはお金に困らない人生を送りたいですよね。

そんな時、いかにして『他人の資本で収益を稼ぐか』というソフトバンクグループの例を見てみると自分でもできる何かヒントが見つかるかもしれませんね。

関連記事:持ち家が欲しくて35年の住宅ローンを組むリスクは超危険

関連記事:家計管理のコツを企業の経理担当者が語る

関連記事:銀行の借入金利競争が勃発!マイナス金利導入も重なり競争激化



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です