ブルー免許の更新時期が近い!ブルーの恥ずかしさから抜け出す時

ブルー免許恥ずかしい




ゴールド免許と縁がないこれまで

来年いよいよゴールド免許を取得できそうです。

私が免許を取得して早16年。
運転免許証の色ってブルーしか無いのでしょうかと言いたくなるくらいブルー免許続きの人生でした。

お恥ずかしいことにこれまで運転免許証がゴールドだった期間はありません。

これも、すべては私の行いがすべてなのですが、違反をしてしまったタイミングの悪さもあり、16年もの間ブルー免許の称号を頂いております。

ブルーマンばんざい\(^o^)/

しかし、そのブルーマンの称号もようやく返上し、ついにゴールドマンの称号を手に入れるあと一歩までやってきました。

というより、そもそもどうしてこれまでの長期間ブルーマンの称号だったのか、その歴史を振り返ります。

syaryouno0I9A4021_TP_V

 

ブルー免許の歴史

まずは、免許取りたての大学時代、原付きバイクで一旦停止の違反が1回。
原付バイクでのスピード違反が1回。

いずれも罰金を支払いました。
大学生にはなかなかダメージのある金額です。

一旦停止については、警察車両が走っている眼の前で一旦停止違反をぶちかましました!!生まれ持っての強心臓!!!

また、スピード違反については、後ろからしつこくついてくる車があるなーって思ってたところ、つい勢い余ってスピードをあげてしまい、またもや覆面警察の前でスピード違反を犯すという、さらなる強心臓!!!

注意力なさすぎです(´・ω・`)

続いて、社会人になってから仕事中のカブで県道を走っていたところ、またしてもスピード違反。
反省がありません。

調子よくカブで走っていたら、道路の横からひょこっと警察の方が出てきました。
そして、脇道へ誘導・・・。
『スピード出しすぎてたねー。はい免許証出してー。』

言い訳できません。

すべて言い訳になりますが、原動付きバイク自体の制限速度が時速30キロですよね。
どうしてもお客さんのところに急いでいくような時にスピードを出し過ぎているようで、気づいたときにはスピード違反をしていたようです。

制限速度が30キロであれば、世の中の原付バイクはすべて最高速度30キロにしてくれれば違反なんて無いのに。

そんなことを訴えたい違反でした。

最後の違反が運転中の携帯電話所持。

これは、携帯電話の所持が違反になるルールが始まったばかりの頃に、早速捕まりました。
バカです。
いきなり違反してしまいました。

警察に見つかったと思ってとっさに携帯電話を隠すという、往生際の悪さ。

これまでの行いの悪さから今までブルー免許というのが私の現状であります。

お恥ずかしい。

念願のゴールド免許が目の前に

そんな私も、ようやく交通ルールを守るという日本国民として当たり前のことができるようになり、この度ゴールド免許を取得するという長年の目標を達成できる瞬間がやってきました。

そんなワクワクなゴールド免許ですが、ゴールド免許が取得できると結構うれしい特典もあります。

一番嬉しいメリットは、自動車の任意保険で会社によりますが、ゴールド免許で保険料が安くなる自動車保険があります。
しかも、この割引率も年々大きくなっているような。
例えば、年間保険料50,000円でゴールド免許割引が5%だと、年額で2,500円の割引になります。

同じ免許でもブルー免許かゴールド免許という、色が違うだけでそれだけ保険料が変わるのであれば、ゴールド免許がぜひとも欲しい。

そして、更新時の拘束時間が短縮されます。

拘束時間だなんて言うと失礼かもしれませんが、違反者講習だと更新時に2時間も講習があります。
また、一般運転者講習でも1時間の講習。
前回私は一般運転者講習だったので1時間の講習をみっちり受けました。

しかも、教室に入った順番が悪かったか、最前列で受けさせていただきましたよ。(´;ω;`)チカイヨ

こんなブルー免許による仕打ちから、次回ゴールド免許をもらう優良運転者講習であれば、30分の講習で更新ができます。
このメリットは大きい。

ブルー免許は恥ずかしい年齢

最後に、それなりの年齢になってきて、ブルーの免許証を提示することが恥ずかしくなってきました。

『いい年してまだ交通違反とかしちゃってるの??』なんていう、心の声が聞こえてくる年齢になってきましたよ。

地方に住むと運転する機会がどうしても多いので交通ルール違反をしやすいという事情もある、と言い訳をしつつ、この歳でブルー免許って何したの?って思われているんだろうなと考えると恥ずかしい思いです。

だからこそ、早くゴールド免許が欲しい。

あともう少しなので、これからも安全運転を続けることを誓います。
当たり前の運転を続けておけば誰でもゴールド免許は取得できるはずです。

ちょっとした気の緩みが違反を起こし、事故を引き起こす原因にもなるわけです。

そんな反省を残しつつ、ゴールド免許になれるように安全運転に努めます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です