少額訴訟の費用や流れはこうだった。少額訴訟とは本当に使える制度。

f:id:pinkspider01link18:20170121221009p:plain

この度、少額訴訟なるものを経験してきました。

少額訴訟とは、60万円以下の金銭の支払いを求める場合に、原則1回の審理で判決が出る特別な訴訟手続きです。

もちろん、個人的なことではありません。

個人でこの少額訴訟するようであればなかなか面倒な人だなーなんて思われるかもしれませんが、個人的なことでそこまでこじれたことは決していたしません!!(σ・∀・)σ
たまには訴えたい!と思う人もいないこともないですけど・・・。笑

会社の関係で、私ハヤスズが会社の代理人として少額訴訟の手続きを行いました。

少額訴訟自体は思っているより簡単にできます。
私なんかが裁判所に関わっていいの!?
なんて最初は思ってしまいますが、一度やってみるとなんてことなくできるようになります。

まずは、訴状を裁判所のホームページからダウンロードしてみましょう。

裁判所|民事訴訟・少額訴訟で使う書式

この雛形に必要な箇所を記入して、後は証拠書類、会社の場合は商業登記簿謄本を添付して近くの簡易裁判所に提出します。

書き方の例を見ながら記入していけばそんなに難しくないです。
ちょっとわからない部分は、一度裁判所に行って、窓口で説明を受けながら記入すれば完成します。
私の場合は一度裁判所に行って、書記官の方に教えてもらいながら記入しました。

書記官の方もその時の担当者にもよりますが、親切に教えてくれますよ。
きっと、何度も書き直し部分があると、書記官の方も少額訴訟の申立を裁判官に通す時に何か言われたりするのではないでしょうか。
これは私の想像ですが・・・。



完成したら、訴状と証拠書類、商業登記簿謄本を簡易裁判所に提出に行きます。

少額訴訟の管轄は簡易裁判所になるので、ココ大事!!(*^^*)

あと、必要な費用を印紙や切手で準備をしないといけないので、簡易裁判所に行く前に、印紙と郵便切手を準備しておきましょう。

印紙は今回訴状に記入した金額に対してかかるので、金額が大きければそれだけ必要な印紙代も高くなります。

また、郵便切手は原告、被告に文書を送る際に使用するので、私の場合はおよそ5,500円程度準備するように言われたので、言われた分の郵便切手を用意して訴状と一緒に提出しました。

最初に訴状の書き方などを聞きに行く時に、どのくらいの印紙と郵便切手が必要になるか確認しておいたらいいですね。

私は、印紙代と郵便切手代で約10,000円程度かかりました。

少額訴訟の対象は60万円未満の金銭支払が対象になるので、少額訴訟にかかる費用は7,000~13,000円程度と考えておいていいのではないでしょうか。

ということは、最低限この金額以上の金銭支払を求める場合でないと少額訴訟をして金銭の支払いを求める意味が無いので、あまりに少額での少額訴訟は時間と費用を使う分デメリットが多いと感じるかもしれません。
この辺は訴訟をする金額で訴えを起こすかどうか考えましょう。

そして、訴状を受け付けてもらうと次に審理日が決まります。

審理日とは原告と被告が話し合いをする日になります。
裁判所が間に入って、原告と被告が話をすることができる大事な日程なので、確実に時間を取れる日にちを設定しないといけませんね!
私の場合はだいたい提出してから早い日程で2週間後を進められましたが、1週間だけ伸ばしてもらって、提出日から3週間後の日程を候補日として設定してもらいました。

その後、原告側(ハヤスズ側)には『期日呼出状』と言われるものが届きます。

◯月◯日◯時から審理を行うので来なさいという文書です。
この期日呼出状をもらうと、いよいよ訴訟してるんだなって気分になります。
少額訴訟なので、通常の訴訟とは少し異なるのですが、裁判所初体験の人間にとってはなかなかテンションの上がる文書です。

一方で、被告側には期日呼出状と答弁書というものが届くようで、今回の訴えに対して内容の確認と何か言うことあるかを確認する文書が届くようです。

今回は3件少額訴訟を提出したのですが、被告側から答弁書が返ってきたのは1件だけで、他の2件からは答弁書さえ返ってこなかったようです。
裁判所からの文書を返信しないって勇気あると思いませんか??苦笑

これで裁判官、書記官、司法委員、原告、被告が集まって審理をする日程が決定です。



そして、審理日当日。

開始10分前に裁判所へ到着。
さすがに裁判官、書記官、司法委員と多くの方に迷惑をかけるわけにはいきませんからね!
早めに到着。

待合室に通されて、時間まで待ちます。
この時に、被告となっている方も同室で待機でしたので、ここが若干居心地が悪い。
せめて、別室でそれぞれ待機ということにできないのかしら。

この時、会社の代表としては私一人ですが、付添の人がいても一緒に審理する場所に入ることができます。

代理人として認められているのは私だけなので発言の責任があるのは私だけですが、付き添いで来ている人も発言するのは問題ないようでした。

(これはどこでも良いのかわからないのですが、参考として発言するのは問題ないというような考え方でいいのかな。)

そして、1件目の審理が始まります。

部屋には丸テーブルが用意してあって、そこに裁判官と書記官、民間の有識者として司法委員、原告側席、被告側席が準備してあります。

付き添いは部屋の壁側に長椅子が用意してあって、そこで傍聴することになります。

冒頭、裁判官が今回の訴状内容を読み上げて、少額訴訟についての説明をします。
さすがに原告、被告ともに初めてのことなので、説明大事です。

だいたいを説明し終わると、裁判官は一回離席しました。

その後司法委員と言われる方が進行していく形で審理が進みます。

『どうして払えないのですか?』

『どうすれば支払えますか?』

『毎月いくらであれば支払いができますか?』

『2回の延滞で一括返済になりますがいいですか?』

被告の事情も聞きながら、和解に向けての話が進められます。

被告の事情と原告の求める条件の一致するところで最終的に和解となり、最終的に裁判官が原告、被告に確認した上で審理終了となります。

テレビでは裁判所というと、ザ・法廷というような原告席と被告席を挟んで答弁する席が裁判官と向い合せで設置されているようなイメージを持つかもしれませんが、少額訴訟はあくまで丸テーブルで全員が参加するので、途中激しい言い合いとか、そんなことは全然なく、終始アットホームな雰囲気で進行されていきます。
私の場合は事例が事例なのでそうだっただけということもあるかもしれませんけどね。

この際決定した和解内容については和解調書として数日後に原告と被告それぞれに郵送で届けられます。

これで、もしも今回被告が和解調書の約束を守らないことがあれば、原告として強制執行といった法的な措置を取ることが出来るようになります。

今回の訴訟に関しては、私の方が支払を求めていて、相手がその支払が滞っている状態なので、基本的には和解の方向で話が進められましたが、内容が異なる訴訟であれば、和解ではなく判決ということで、判決確定後もしも判決に従わない時には強制執行を申し立てることが出来るようになります。

強制執行ができるようになるといっても、自分自身が他人の財産を差し押さえる命令をもらって、実際に差押を行うって、これってすごい権限だと思いませんか?
他人の財産を差し押さえて必要に応じて自分達が回収しちゃうって・・・裁判所さんはなんてすごい私に権限を与えてくれるんだろう。

このような流れで1件目、2件目、3件目と進んでいったのですが、審理時間はそれぞれ20分しかありませんからね。

自分が想像していたよりも原告、被告が直接話しをするようなことは少なく、司法委員が双方に確認しながら進めていくスタイルでした。

私も初めてなのでどういった展開で進むか若干の心配をしながらだったんですけど、心配しているほど話をすることもなく、基本的には原告が想定していた和解内容をベースに話を進めてくれて大きなトラブルもなく終了となります。



感想として、年間に少額訴訟は10回しか利用ができないという縛りはあるものの、なかなか相手側と連絡が取れずに金銭の回収ができていないという場合、少額訴訟はかなり効果ありな方法だと感じました。

まず、田舎に住んでいるといきなり裁判所から呼び出しなんて受けると絶対ビビりますよね。

実際に今回被告の方も、『文書をもらって今日まで寝付けなかった。』と、相当ビビっていたようなことを話していました。

そこまで精神的に追い込ませることができる力があります。

特に普段裁判所に関係なく生活している人にとってはなおさら。

それに、間に裁判官、書記官、司法委員という第三者が入ってくれ、さらに第三者が基本的には話を進めてくれるので、わざわざ原告から厳しい話をしないでも公に条件を取り決めることができ、しかも、払うことができなくなった場合には紙一枚で相手の資産を差し押さえることの出来る強制力さえも持たせることが出来るんです。

これはね、いつまでも金銭の支払いにいつまでも悩んでいるより、まずは実行です。

連絡さえ取れなくなりつつ相手は、審理日に裁判所へ来ないとなると完全に原告の言い分通りとなり、強制執行という強制力までついてきます。

たまに審理日に現れないという強者もいるそうですが、通常は裁判所からの呼び出しにはビビって姿を表わすでしょ。

こんなに効果的な方法があるのに、どうして今まで使わなかったかなーと今思うくらいですから、色々心配しないで、実際にやってみると本当に良いですよ。

勉強にもなります。

少額訴訟や支払督促について私が参考にした書籍です。
実際の体験談等が書いてあるので、初めて臨むという方には事前にイメージを作りやすいと思います。
基本的には裁判所の依頼した司法委員の方が話は進行していってくれますが、心の持ち方や場所の雰囲気、その他気になっていることがあれば参考になると思います。

法律のトラブルや悩みなら弁護士や行政書士にオンラインで個別相談!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です