人手不足の原因と業務への影響は全員で解決できる!

人手不足の原因と影響は全員で解決




人手不足の原因となった

退院後2週間が過ぎようとしています。

退院後徐々に生活と仕事のリズムを取り戻してきました。

さすがに先週は生活するだけで息が切れ、仕事で椅子に座っているだけで疲れてきます。

そんな虚弱ぶりを発揮してましたが、今週は以前のリズムが徐々に戻ってきていることを実感します。

そこで、今回感じたことを一つ。

実はまだ入院が決まっていない時に、もしも今の職場で私が抜けた時に業務がどうなるのかを考えていました。

職場の同僚からすると一時的に人手不足の原因となっています。

私しか知らない業務があるけれども、職場は混乱するのか。

それとも全員で人手不足の影響を解決できるのか。

これを確認するいい機会が今回の入院です。

今回の入院は本当に突然でした。

誰にも入院するようなことは伝えていませんでしたし、何より自分でも想像していなかったです。

何一つ引き継ぎもしないまま入院をしました。

人手不足による業務への影響はなんとかなる

入院直後は『混乱して、業務に支障が出てくるかな。』ということを考えていましたが、やはり日常業務をストップさせるわけにもいきませんので、私が想像していた以上に全員で業務をカバーしてくれていました。

私しかやったことがない業務もありましたが、私が電話で指示しつつ、一部の業務は会社のルールとしてグレーな方法でしたが、個人所有のノートパソコンから会社のパソコンに遠隔で入って、仕事の一部をフォローしたりしましたが、本当にコアな部分の業務は私がいなくてもなんとかこなしてくれていました。

通常よりも残業時間が増えたりした等の影響はあったかもしれませんが、表面的にしないといけない業務はなんとか回っているようでした。

もちろん、電話で連絡を取りながら業務手順を教えることはありましたけど、私がいなくても会社の仕事はなんとかまわるようです。

なにより私自身が想像していたよりもずっとスムーズにできていました。

個人的にはホッとした部分もあり、意外と自分の存在は大したこと無いのかもしれないという部分とありますが、そのくらい仕事はしっかりと回り続けていたようです。

表面上はできるが細部はボロボロ

ただ、復帰してわかったことは本当に重要な業務だけしか手がつけられてはいなかったです。

精緻に管理している数字であったり、細かい部分の業務になると手がつけられなかった様子で、私が復帰してから一部修正をしていくなどしました。

それは日常業務としてしたことがない業務なので当然ですが、短期的には人手不足となってもなんとか業務を止めずに回すことはできます。
ただ、長期的にはやはり影響は大きくなってくるのだろうなと感じたところです。

そうはいっても表面的に回せていただけでも本当にありがたいことです。

本来の業務から派生的に出てきた数字の管理だったりするので、本当に仕事を回す為の業務ではないですからね。

まとめ

今回急な入院により私が人手不足の原因となった影響でどのくらい会社の業務は回るのかということを経験できました。

その結果は自分が心配しているよりはずっと安心して回るようになっています。

自分がいないといけないとどこか考えている業務もありましたが、本当にヤバいとなったときには、全員が協力して業務をこなしているようなので、若干寂しい感覚もありますが、いい収穫もありました。

これまで私しか知らなかった業務を誰かが共有するきっかけにもなり、共有するということも考える切っ掛けになりました。

また、これまで誰も知らなかったであろう業務にどれだけの負担がかかっていたのか、理解してもらうきっかけにもなりました。

これで私だけの業務ではなく、全体としてその業務を共有できるようになったので、業務自体の課題であったり、より効率化された業務手順が生まれてくるのであれば、今回の機会はより大きな意味を持つようになるんではないでしょうか。

その前に、実は私の業務って楽なんじゃない!?と思われていたら寂しいですが。

関連記事:一寸先は闇!人生は少し先の未来どころか数時間先さえもわからない

関連記事:失敗してもいい!自分で『お金』を出して経験することに意味がある

関連記事:妻に言われた『そんなにお金を貯めてどうするの?』について考えた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です