主義を主張し出すとなんだか無理を感じちゃうんだな~

ちょくちょく目につく言葉があります。

『ミニマリスト』

意味を調べてはいないけど、たぶん最小限で生活するみたいな感じだろうと思い調べてみると大体そんなニュアンス。

最小限の持ち物で生活するとか、シンプルな生活とか。

『私ミニマリストです。』とか自称しちゃう人もいるけれど、そこ主張しだすのはちょっと違和感感じちゃうんだな~。

 

自分の過ごしやすい環境を作っていった結果がミニマリストと周りから呼ばれだすと無理がない感じするけれど、自称しだすとそこに執着している感じが強くなるから、そういうのは自称しない方が受け入れやすいね。

そもそもの話をしちゃうと、お金が無ければ自ずとミニマリストになるでしょ。

ミニマリストにどれだけの意味が含まれるのか。

質素とシンプルの生活はどう違う?

シンプルって質素をきれいに言いなおしているだけのような。

どちらもミニマリストじゃない。

これを言い出すと、ミニマリストとしては、『お金がないのではなく、良いものを選んで最小限のもので生活する』ようなきれいなイメージが大事なんてこだわりがありそうだけど、そもそもミニマリストとしての主張が出てくる時点で、ミニマリストであることに執着をしているな。

なんか一つ自分の中で主義を持つことは、自分の意思決定を楽にするために大事なことではあるけれど、ある日突然その主義が生まれるのではなく、それまで自分が自然な行動として行ってきたことが、徐々にひとつの行動パターンとして形作られて、そういった行動パターンが自分の意思決定として楽になる方法が徐々に主義として自分の中に形作られていくものなんじゃないかと思うから、主義は自分で主張しだすとおかしくなる。

それは、自分自身の中から自然発生してくるものだから。

自分の好きなものを集めて、心地よく生活できるものを集めて、ストレスを感じない生活をした結果がミニマリストと呼ばれるなら、きっとミニマリストとして生活しているんでしょう。

そもそもミニマリストであることさえも意識しないまま、それが一般的な生活パターンとして受け入れている。

『今日からミニマリストとして生活していこう!!』

いやいや、入り口から変な違和感感じます。

『私の生活もミニマリストに近いかも!!』

そうですか、わざわざミニマリストの生活に寄せていかないでもいいかもね。

これってミニマリストだけではなく、『私って◯◯な人だから』や『◯◯なタイプだから』といった、自分の言葉で自分をそういう人間である、そういう行動をする人間であるという暗示をかけているようなのも同じようにそこに執着しているようで違和感を感じる。

人はそれぞれだから主張をするなとかではないけれど、自分の中で違和感を感じていた理由をまとめてみただけのこと。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です