ゴルフが面白くない!ゴルフがつまらない理由

ゴルフと言えば大人のスポーツ。

小さい頃からなんとなくゴルフ中継を見て、世のお父さん方にとって趣味から実益も兼ねて大人のスポーツというイメージの強かったゴルフ。

そんなゴルフを社会人になってから始めることになった私ハヤスズ。

あれだけの人がゴルフを楽しそうに見ているのだから、きっとゴルフにはハマる要素がたくさん詰まっているのだろうと、ワクワクしていたゴルフデビュー戦を振り返る。

当日、早朝から同僚、先輩とゴルフ場に向かいます。

「早朝に、しかも遠方にあるゴルフ場に向かう。」

え!?無理無理。
大事な休日に早起きして行動しないといけないなんて・・・そんなの嫌。

まず、ここからゴルフって面倒くさい。

と感じてしまったことは言うまでもなく。

せっかくの休みに早朝に起きて、さらに片道1時間近くかけてゴルフ場へ向かう。
朝の機嫌が良くない、朝がめっきり弱い私にとって早朝から行動することは何よりもしんどい。
すでにゴルフが面白くありません。

そして、到着後受付を済ませスタート時間まで各々スイングの練習やパターの練習をして時間を潰す。

このあたりから天気の話やグリーンの状態がどうだ、クラブを購入した、といったお決まりのゴルフ話が周りで始まる。

毎回同じような話ばかりしているようだけど、そんな話も含めてゴルフの楽しみなのか。

特に興味のないハヤスズとしては、「へ~」という感想以外何も出てこない。
うん、ゴルフつまらない。

そして、スタート時間。

3,4人の組み合わせでカートに乗って行く。
カート上でも前回のスコアがどうだった、最近調子がよくないやらのゴルフ話が続いており、1ホール目についた時点でゴルフ話に若干お腹いっぱい。
調子がいいとか悪いとか、あなた方のスコアや調子にはこれっぽっちも興味ないです。
とりあえず、早く帰らせて。

そこからゴルフプレーがようやくスタートするが、とにかくゴルフは神経を使う場面が多い。

そもそも小さいボールをクラブに当てて真っ直ぐ飛ばす。
これだけに相当の神経を使う。

もちろん初心者だと神経を使っても真っすぐ飛ばないし、きれいに当たることもないのだが、それがさらに周りに迷惑をかけないようにと神経をつかうことになる。

そして、初心者は打ったらすぐにボールをめがけて走る。

なぜなら、真っすぐ飛ばないから。

周りに迷惑をかけずに、遅れないように、とにかくボールがコースから外れた時は早くボールのもとへ行き、心を整えてグリーンを目指す。
お金払って、早朝から早起きして、なんで神経使い体力つかわないといけないんよ。
これでどうやってゴルフを面白いと感じろというのだ、諸先輩方よ。

これを繰り返しているだけで、半分の9ホールを終える頃には相当ヘトヘトになっている。
まだ残り9ホールも残っているのに体力が持つかも怪しいくらい体力を消耗している。

そして、お昼ご飯。

前半戦の反省やらお互いのスコアを見合いながら雑談が行われている。

正直朝からゴルフまみれの話にうんざり感が出てくる頃。
よく理解できない言葉もちらほら出てくるし。
あなた方のスコアや調子なんて本当に知らんがな。

そして後半のプレー時間がやってくる。

朝と同じようにカートにのり、後半のプレーホールまで向かう。

本当は、もうプレーしたくないくらい足には疲労が残っているが、なんとかかんとか後半の9ホールを乗り切る。
これだけの体力を消耗して、プレー中には神経を使い、心も体もへとへとになってスコアも130台。
ゴルフが面白いと思うところ今の所ゼロですが。

ゴルフの楽しいところって結局どこにあるん??

ゴルフは当たり前のことだが、上手な人間ほど体力の消耗が少ない。

18ホール終わってもまだまだホールを回れるよっていう上手な人間ともう一歩も動きたくないという下手な人間。
コレほどまでに精神的に体力的に技術的に差を見せつけられるスポーツは今までしたことない。
ゴルフ・・・つまらない。

そして、プレー後のお風呂。

この辺も一緒に行く人によってはヘンに気を使う。

個人的にはゴルフが終わったらすぐにでも帰りたい。
なぜ裸のお付き合いをあなた方とする必要がありますの?

だけど、お風呂に入ってから帰りたいという人がいれば一緒に付き合って入ることになるし、上司やお客さんであれば気を許していない人間とお風呂にお付き合いすることになる。
なんだろう、この変な気の使い方。
早朝から早起きして、お金払って、体力使い、よく知らん人達と一緒に風呂をともにするって・・・そろそろ罰ゲーム?いや罰やろ。

さらに、会計を済ませる。

ゴルフってプレー料金もそんなに安くはない。

昔に比べればだいぶ安くなったほうだといっても、1回プレーすると8,000円~10,000円程度プレー代が発生する。
気を使い、神経を使い、体力も使い、最後に金も使う。

これって拷問か。
ゴルフをつまらなさそうにしている人間を差し置いて、自分たちだけで勝手に盛り上がるという新手の拷問だろ!?

さらにさらに、場合によってはそのままゴルフの後がある。

後とは、その日のゴルフをネタに飲み会が行われる。

早朝からゴルフして、それからの飲み会。
しかも話題はその日のゴルフについてが中心。
勢いがつくと、そのまま2次会、3次会に突入。

いや~、もう無理。

結果早朝から行動した挙句に、帰りも12時が回っているというわけの分からない状態
そのまま帰宅しても前日の疲れと精神的疲労が取れないため、翌日の休みもほぼ体の休息に使われる。

もう一度言います。

ゴルフを楽しむ要素ってどこにありますか??

最後にゴルフが面白くない、つまらない理由をまとめる。

1.早朝からプレーをすることがある
2.広い敷地が必要なので、ゴルフ場はだいたい遠方
3.一緒に行く人によってはプレー中にも気を使う
4.下手だと周りに迷惑をかけないように常に走っている。
5.体力的に限界を迎えようとも18ホールある。
6.プレー中の生理現象に困らされることがある
7.とにかく日焼けする
8.お風呂に入るのか入らないのか、当日までヘンに気を使う
9.プレー料金がそこそこする
10.ゴルフ後の飲み会があるとその日は完全に消える
11.翌日まで疲れを持ち越した挙句、週末が消える
12.ゴルフ用具を揃えるのにお金がかかる
13.ゴルフウェアも値段が高い。(ただし、適当で良ければそうでもない)
14.上司に誘われた時に断りにくいため、一度ゴルフに行くと次も誘われだす

いろいろ考えるとさらに理由が増えた(・∀・)

そうはいっても、これだけ世の中にはゴルフ好きがいるので、ゴルフも純粋にプレーだけに絞ると嫌なものでもない。

ただ球を穴にいれるというシンプルだけど、ドライバーやアイアンで打った時にきれいに飛んでくれると嬉しい。
そして、練習を積むことで徐々にスコアも少なくなってくる。

練習量に応じてスコアに結果がついてくるので、コツコツと頑張れる人にとってはやりがいは感じられる。
また、プレーを通じて一緒に回った人と親近感を感じられる、共通の話題ができることになるので、これはゴルフをしていて一番大切だと感じた。

ゴルフしていて良かったなって感じるのはこれだけだから、つまらない理由がこれだけあるのでゴルフ人口が減少しているというのも個人的には納得。

何も不思議はない。

ゴルフはね、スポーツとしてだけ見ると楽しいよ。
だけどね、プレー中に気を使うことがとにかく多すぎるんだよ。
いや、プレー中だけじゃないな。
プレー日の前日から、プレーが終了して、その後の飲み会が終わるまでに気を使うし、金は使うし。

紳士のスポーツだから?いやいや、やたらマナーにうるさい人、ルールにうるさい人、もうこりごり。
スポーツは楽しく出来ることが一番じゃん。

プロでもないのにごちゃごちゃ言わんでほしい。

だからゴルフが面白くない、つまらないスポーツに感じてしまう。
私の中ではゴルフってそういう認識。

とりあえずさ、プレー終わったらそれぞれお家に帰ってさ、家でゆっくりしようで。

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です