会社員と副業。会社員と副業の二足のわらじが可能になるか

会社員と副業

『会社員と副業』は今ちょっとしたホットワードですが、意外と就業規則の中で会社員と副業の二足のわらじ状態を禁止している企業も少なくないようですね!
私も勤めている会社の就業規則を見てみると、明らかに『禁止』とは書いていませんが、就業に影響があるようなことはするんじゃないと書いてました。
つまり、情報漏えいの観点だったり、副業を始めたことで就業中の居眠りや、やってはいけないことですが、就業中に副業を少ししているとか、そんなモラル的におかしくなるようなことはしてくれるなと。
そりゃ、当然ですよね。
会社と従業員は雇用契約書で契約を結んで、条件通りに業務を遂行した時に毎月の給料が支払われるわけですから、条件として違反している状態で副業をすることはあってはならないことでしょう。
どうしても副業をしたい、雇用条件の条件違反に触れるかもしれない、そういった時には会社の人事担当者とまずは相談してから副業を始めるのがいいでしょうね!

会社員が二足のわらじで取り組みやすい副業

ただ、実際に副業を始めようと動機づいたときに、まずは何から始めましょうか?
自分の持っている『何か』を提供してそれを賃金や報酬にかえていくわけなので、自分に何が出来るのか、どういったことなら会社に影響が少ないかを考えないといけませんよね。

体を使うか、頭を使うか、時間を使うか、技術を使うか、考えます。

体を使う

体を使うのであれば、本業が終わってから夜間の工事現場などで警備員や土日にお引っ越しのお手伝いとか、まーよく言われる肉体労働ってところになりますかね。
当然体を使うので、翌日に疲れが残ったり、朝起きれなかったり、気持ちが入らなかったりと本業への影響は大きいと思われます。
特に、私のような虚弱体質であれば、その影響はさらに大きいでしょう。
・・・まず、私は肉体労働は選ばなさそうですが・・・(*_*)

頭を使う

頭を使って副業・・・自分に報酬が集まる仕組みを考え出すですかね!
代表的なことであれば、私が書いているようにブログだって頭を使った副業かもしれません。
文章を書くのも結構頭使っているんですよ。
どうすれば読んでもらいやすくなるかなとか、PVが増えるかなとか、広告を見てもらえるかなとかね。
ブログ書いている人はブログにあつまるPVがそのまま広告収入につながるので、収入増=PV増。
ブログの中でお金が自分に入ってくる話をするとブログにゲスい感じが出てしまうので、直接的には収入増と書かずに、PV増を目指していると書くことが多いですが、ブログを書くにもその書く意欲として収入の増は大事な要素ですからね。
ただし、ブログは時間の経過とともに収入の増加に替わるわけではないので、よりよい記事を書いていくことと、コツコツとやっていく忍耐力と、収入と労働のアンバランスに耐えられる精神力は必要なので、そこが簡単に始められるけど続かない要素でもあるけれどね。(-_-;)

あとは、頭を使うとすれば、完全に事業を起こすか。

これはこれで、副業としてするのであればかなり大変そうですけど、アパート経営なんかはこれなんでしょうね。
アパートは建てれば家賃収入が入ってくるって簡単に考えている人も多そうですが、ちゃんとした事業なので、特に今時は近隣に新築アパートも乱立しているので、いかにして入居者を集める仕組みを作るか、入居後の修繕をどうするか、経年劣化の修繕をどうするか、最終的な出口をどうしていくかなど、頭も使い、体も使うので簡単な副業とは言えません。

自分で新たな事業を起こすというしっかりした意思で取り組んでいかないと、建てればいいというような発想では副業に自分が潰されるかもしれません。

時間を使う

時間を使った副業とは・・・だいたい副業をするには時間は使いますね。
本業とは別のところに勤めると時間で収入を得ることが多いですし、ブログ書くのも時間は使いますし、事業にしても時間は使います。
後は、いかに時間を短く、時間単価を高くしていくかは自分の工夫次第のところ。

技術を使う

技術を持っている人は他のところでも必要とされる技術であればそのまま使うことができますね!
ネットのデザインやブログラムが得意であれば、他の会社でもその技術は使えますし、専門職で働いているのであれば、その専門の技術を活かして収入を得ることもできます。

ただし、これには怖い面もあって同業者で副業をすれば、もしかすると気づかずに情報漏えいの問題もはらんでいます。
本業で使っている技術をそのまま副業先で使うのは問題ありですよね。
自分が得た技術であるかもしれませんが、本業、副業のどちらでもその技術を使ったとすると、本業側としては面白い話ではありません。

お金をつかう

お金を使って収入を稼ぐというのも副業と言えば副業かもしれません。
別名資産運用ですけどね・・・゚(*>_<*)ノ!ン

資産運用よりは積極的に資産を動かして、短期的な利益を追求するような姿勢で取り組めば、年間で本業の収入を稼ぐ可能性も十分にあるかもしれません。
もちろん、それに応じたリスクも背負うことになるので、資産が減ってしまう可能性も頭に入れておかないといけませんけどね。

ただ、デイトレと言われるような短期売買をするには平日に休みがないと出来ることでもありませんし、市場は平日の日中に動いていることを考えると一般的な会社員ではちょっとハードルが高い副業になるのかなと思います。

会社員が副業をすることは新たな可能性を生む

副業を始めることは直接収入が増える面と同時にその身体的、精神的負荷がどのくらい本業に影響を与えるか、その両面から考えると安易には始めにくいと感じます。

ただし、会社員が副業を始めることには新たな可能性が生まれることもあります。

例えば、私もそうだったんですが、ブログを書くことでブログに関わるツールの使い方を覚えます。
ブログサイトのアカウントを開設して、ブログの書き方を覚えます。
その中で、いかに人に魅せることが出来るか考えます。
それがいつしか広報の仕方として一つの知識として身についてきます。
また、自分で運営するにはアドレスの取得、サーバーの契約、初歩的なコードの意味も少しづつ覚えていきます。
それが今本業で勤めていることに直接は繋がらなかったとしても、その知識や技術が突然役に立つことが出てきます。

私は会社で広報的な部分に一部になっていたりするので、ブログを始めたことでその取組に抵抗感無く入っていくことができましたし、人にアピールする方法ということを意識するようになりました。

つまり、副業で得た技術や知識が本業でも活かされるような場合も出てきます。

また、副業が本業に変わってしまうことも少なくないですよね。

最初は自分で考えて、ちょっとした収入の範囲だったものが、世の中から評価され始めると途端に本業の収入を上回ってしまうことは少なくはありません。
ブログで成功している人は会社をやめて専業でブログの運営をしていますし、ユーチューバーだってそうですね。
不動産投資も、事業が軌道に乗れば本業の収入を軽く越している人も世の中にはいます。

ずっと雇われの人間ではいたくないって思うことがあるのはサラリーマンの常でしょうが、副業が成功するとこれが実現することになりますね!

まとめ

副業ができる事業所であれば、副業を始めるのも、始めた副業を辞めるのは自由です。

そして、このブログだって急に更新が増えたと思ったら、急に更新がストップする時期もあります。
本業に余裕があって、副業に使える時間と体力があれば、実際にやってみることは自由ですからね。

時代がそういう方向に進もうとしているのであれば、5年後、10年後は会社員して副業してますというのがスタンダードな働き方になっている可能性だってあります。

できることから少しづつ始めて見てはどうですか??^_^



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です