人生の勝ち組と人生に打ち勝つということ

人生における勝ち組とは

人生における勝ち組と負け組って意識したことありますか??
私ハヤスズはあります。

自分にとっての勝ち組とは、負け組とは・・・。

何を持って勝ち組か負け組は何を基準にするかで全然結果は変わりますが、私ハヤスズにとって勝ち組といえば・・・私生活と仕事のバランスが取れた生活です。

いくら稼ぎが良くても私生活でうまくいかないことがあれば生活が楽しいものではなくなるし、私生活がうまくいっていても稼ぎが少なすぎても生活の充実感は乏しくなるかもしれませんし。

どちらか一方が飛び抜けて充実しているよりも、程よいバランスが保たれた生活が一番人生の満足度が高いような気がします。

もちろん、自分が望むものが全て手に入って、思うような生活ができるのが一番いいですけど、程よく悩み程よく楽しむくらいのごくごく一般的な人間らしい人生もいいもんだと思います。

そんな程よい人生を楽しもうというハヤスズの前に、久々にインパクトのある話をしてくれた人が登場しました。

某証券会社の営業マンの年収

某証券会社の担当者の人と話す機会がありました。

私個人がその担当者とやり取りしているわけではなく、仕事として話す機会があったのですが、そんな担当者とちょっとプライベートな話になり、何故か年収を教えてくれました。苦笑

国内の大手証券会社の彼の年収は・・・まだ年齢は30才・・・なんと・・・・なんと・・・・・1300万円!!!

巷の噂でも、年収がべらぼうに高いという話は聞いたことありましたが、リアルにその話を聞いてしまうとやっぱ『すげー!!』となりますね。
あの噂は本当だったと!!

さらに、その彼の奥さんも同じ証券会社で働いているそうで、そんな奥様の年収も800万オーバー!!

30歳の世帯年収2000万円超えですよ!!!!

この田舎に住んでいるハヤスズには、どこの国のお話だい?と言いたくなるくらいのお話。

もちろん、証券会社ということで社内の風土として超体育会系、おまけにこれまで辞職願を書かされたことも数知れず、成績が悪いとその場にいれなくなり、ついには退職することも少なくないという超ハードな職場。

そんな職場であっても、30歳にして世帯年収2000万円を超えるというのはすごいですよね!!!

年収が高ければ人生勝ち組だろうか

年収が2000万円を超えるとだいたい自分たちがほしいと思うものはそんなに無理せずにある程度手に入れられることでしょう。

ということで、お金に関してのストレスというのは殆ど無いかもしれませんね。

しかし、それだけで人生は勝ち組でしょうか。

最初に触れたように、十分な収入があってもそれ以外が充実していないと人生を楽しんでいるのかわかりません。

私生活がボロボロだったり、仕事上で強いストレスを感じる職場であったり、人生におけるマイナス要素と収入が高いというプラス要素で人生のバランスが取れているのか、それは本人の感じ方次第ですけど、私の価値観から見ると果たして人生勝ち組なのかどうかはわかりません。

話を聞いていて感じたのは、収入としての魅力はとてもあります。
きっと、日本でもトップレベルの収入の高さでしょう。

しかし、職場の状況を聞いていると、私にはその職場で続けていくだけのメンタルの強さはありません。
ぐに退職に追い込まれることが目に浮かびます。

なぜなら、私ハヤスズは地方の銀行のちょっとした詰めにも屈してしまうくらいメンタル面は豆腐なので、そんな超体育会系の数字がすべての世界で何年も生き抜いていくような勇気は持ち合わせておりません。
今の職場に転職した際も、年収が下がることなんて関係なく、とにかく心の平穏を保てるような職場に移りたいとい事で転職を決意しています。
そのくらい、私にとっては年収の高さよりも、心の平穏を大切にしていました。

それに、そんな世界で働いていることでストレスが蓄積、蓄積されたストレスが家庭で出てしまうようなことも考えられます。

きっと今回お話した担当者にはその証券会社の水があっていたのでしょう。
だからといって、家庭の状況がどういう状況なのか、プライベートの充実度がどのくらいのものかはわかりません。

もしも充実した私生活であれば最高の人生を歩んでいる途中でしょうが、それは誰しも悩みを持っているように、本人にしかわからないことですからね。

人と比較するよりも自分の価値基準を大切に

人の人生はみんなが自分だけの人生を歩んでいます。

その人生の中でつい他人と自分を比較してしまうことがありますが、この世は生まれた場所、生まれた環境で持って生まれたチャンスの機会は異なりますし、埋められない差は存在しています。

自分の人生の目標として何を大事にして、どこを目指すかは、誰かと比較して設定するものでもないですし、大切なことは自分が納得できる人生を歩んでいるかです。

お金は持っている方ができることは増えますが、それだけでもできないこともありますし、幸せを感じられることはそれだけでもありません。

自分のマトリックスの中で達成できたことやこれからできること、やってみたいことを埋めていくことが大切で、それは他人と比較するものでもありません。

むしろ、それを他人と比較することは一時的な嫉妬や優越感を感じられるだけであって、そこから得られるものに有意義なものはなにもないように感じます。

小中校、大学、社会に出て、人と競い合うことで自分を伸ばしてきた経験ばかりで、案外自分にとって自分の人生で何が大事なのかということを考える機会って少ないことに気づきます。

ただ人よりちょっとでも幸せでありたいと考えている自分がいて、だけど何を持って幸せであると言えるのかということは考えたことがなくて、結局その基準がお金であったり出世の速さであったり、人と比較がしやすいものによって自分で自分を評価してしまいますが、案外そんなものは幸せを感じられることの一つの要素でしかない。

自分で自分の人生に勝つこと。

そんなことを、今、自分に言い聞かせている。

年収1300万円がうらやましいと思うことには変わりないけどね!!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です