新電力のシェアは電気代の安さより消費者との接点距離か

新電力ネットを見ていて感じること

以前このブログでも紹介したことのある、『新電力ネット』

電気の供給量を調べたり、どこの電力会社が勢いに乗っているか調べたりと私ハヤスズも使うことがあります。

参考:新電力と契約しようと悩んでいたら新電力ネットで各電力会社の増加率も参考に

この新電力ネットの供給順位を見ていると、いくつか感じることがあります。

それは、『電気代の安さだけで選んでいない』『消費者との接点距離が契約に大きく影響』この2点です。

とことん新電力のことを調べ尽くすと電気の供給はどこから供給を受けていても同質でどこから受けても電気は同様のものであるので、契約している電気会社が大きかろうが小さかろうが大きな問題ではないことに気づいてきます。

そうであれば、電力会社を選ぶときには『電気代が安い電力会社』というのが以前から私が考えているところなんですけど・・・新電力ネットの供給順位を見ていると、そうじゃないんですよね!!

『多くの消費者は面倒と感じることには無関心』ということが、よく理解できます。

なぜ新電力会社を自分で考えて選ばないのか?

新電力ネット電気供給順位

高圧も低圧も含めての順位です。
上位はやはり昔からの流れで依然として地域大手電力会社が根強い供給量とシェアを誇っていますが、途中から大手新電力会社も顔をのぞかせてきます。

その中でF-POWERとエネットは新電力でもかなりの供給量を誇っています。

特にF-POWERは最近エネットの供給量を超えてきたので、かなり勢いに乗っている新電力会社です。

そして、以下テプコカスタマー(東京電力系列)、東京ガス、JXTGエネルギー、KDDI、丸紅新電力、大阪瓦斯、オリックス、といった企業が続いてきますよね。

この中でも高圧電力に強い新電力会社や家庭、個人事業向けの低圧電力に強い新電力会社とそれぞれ分かれてくるので、高圧低圧全体の供給量ではなく、次は、家庭、個人事業主向けの低圧(電力)の供給量順位を見てみると、ちょっと順位が変わってきます。

新電力ネット電気供給順位(低圧電灯)

先程ランクインしていた会社と入れ替わりで、見慣れない会社が入ってきています。
SBパワー、ハルエネ、サイサン、ジェイコムウエストといった会社名が入ってきました。

上位には先程の全体順位でも名前が上がっていた東京ガス、KDDI、大阪瓦斯、JXTGエネルギーといった企業が入っていますが、この4社に関しては新電力会社の中でも頭一つ飛び抜けて高い供給量があります。

はい!ここで何か感じませんか!?

東京ガス、KDDI、JXTGエネルギーについては、以前このブログでも料金プランを比較しましたね。

関連記事:熊本電力は東京電力管内でも圧倒的に安い。申し込みもネットで完了。

ちなみに、JXTGエネルギーは『ENEOSでんき』です。

この結果で一番安いのはどこだったでしょうか・・・?

そうです。

熊本電力が他を圧倒して電気代が安いことがわかりました。

では、この低圧電力上位の4社はというと・・・私のブログではランク外でした。
つまり、大きく電気代が安くなるわけではない。

この4社に共通しているのは、既に既存の事業で消費者との接点が多いというのが一番の共通点ですよね。

東京ガス、大阪瓦斯は都市部では都市ガスを使用している消費者が多いですし、KDDIはご存知大手通信会社のauを運営している。
JXTGエネルギーは石油などの総合エネルギー供給会社JXTGグループ。

すべて日常生活に欠かせない商品を取り扱っていて、大きなシェアも持っている企業ということで、消費者との大きなパイプを持っているのです。

あとは、この既存のパイプを利用すれば・・・自然と電力契約をもらうことも難しいことではなくなるでしょう。
しかも、もともとの事業と組み合わせた特典をちらつかすことで、なんだかお得になるような気分になって、その場で契約ということも難しくないように感じます。

結局、巨大資本による広告宣伝、本来事業に絡ませての勧誘、そういった電気契約が大多数であって、これだけスマホやタブレットなどが普及して、どこにいてもネット環境に接続できるような状況が作られているにもかかわらず、本当に電気代が安くなるという目的を達成させるために新電力会社を調べようとしている人はまだまだ少数であることがわかりますよね。

もちろん、ガス料金とセット割、携帯料金とセット割、ガソリン代とセット割というセット割を売りにしているので、人によってはその方がお得になる人も中にはいるのでしょうが、以前私が比較した内容を見ると、電気代だけで1割以上の節約を期待できるのは熊本電力だけですし、それだけの節約を他のセット割だけで実現できるのかは個人的にかなり疑問。

上位4社以外の新電力会社比較

前回上位4社以外の新電力会社は比較していたので、今回は新たに出てきた新電力会社SBパワー、ハルエネ、サイサン、ジェイコムウエストの電気料金を比較しました。

やはり、熊本電力の圧倒的な安さが目立ちますね。

ジェイコムウエスト、サイサンはそこそこ電気料金が安くなります。

ハルエネ、SBパワーは東京電力とあまりかわらないくらいです。

どこも既存事業とのセット割なども準備してありますが、セット割と組み合わせてどれだけメリットがあるかですね。

各新電力会社HP

消費者接点距離の強さに負けないようにネットで情報収集

例えば、auショップにスマホの買い替えに行った際にauでんきを進められて、セットで電気代が安くなりますよという営業であったり、ガソリンを入れに行って、電気契約したらガソリン代が安くなるような営業を受けたり、目的を持っていったところで、セットでお得という情報が入ってくるとつい『安くなるなら~』と契約してしまいそうになるものですが、ちょっと落ち着きましょう。

新電力会社はこの日本の数百社もあり、わざわざ面前で契約しないでも、全てネット上で契約するのは当たり前の世界です。

面前で契約するとちゃんと相手と顔を合わせてやり取りをした安心感はあるかもしれませんが、一方でその相手からは自分の意思決定を歪ませる情報が常に入ってくるので、冷静な判断ができるとは言いにくいです。

むしろ、ネット上で契約する方が冷静に他の電力会社と比較ができます。

特にネット世界にアレルギーが有る人ほど、ネット上でのやり取りに気を張りますよね。

気を張ることは自分の警戒心を高めますので、失敗がないようにいくらでも情報を集めて、最終的に納得いけばようやく契約をする流れになると思います。

私も、一番最初にネット通販でクレジットカード決済する時はずいぶん緊張しました。
情報がもれないたりしないか、不正にカードを使われないか。

しかし、今ではすっかりキャッシュレス化していくことに重点を置いています。
あれだけ現金主義を貫いていましたが、一度そこの仕組みがわかりだせば、なんてことなく、当たり前にカードを使っているのです。

ネット上のやり取りも最初は緊張するでしょう。
だからこそよく調べますし、その背景にある仕組みも理解しようとするのです。

そして、仕組みがわかってくれば次からはもっとそのハードルが下がってきますし、余計な不安も取れていきます。

面前で契約を交わすことは言われるままに契約できて、人と対面して交わす安心感もあるのかもしれませんが、常に相手からその商品についてだけの良い面だけを聞かされるので、本当にその商品が良いかどうかの判断ができるかは私も自身がありません。

だからこそ、ネットで調べ尽くして、自分の意志で選びたし。

接点距離が近い企業からの営業には一歩冷静になれる間を持ちましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です