名刺管理アプリ選びに悩んだ結果eightよりもmyBridgeがよかった

たまりに貯まる名刺の束

仕事をしていると外部の方と初めて接触する際には名刺交換からスタートしますが、この名刺の管理どうしてますか?

頻繁に会う機会がある方の名刺はすぐに取り出しやすい場所に保管して名刺を有効に使っていますが、一番最初に挨拶していら会うこともないままの名刺や年に数回しか会うことのない方の名刺など、そんな名刺を机の引き出しに溜めていくと、どこまでも増え続けていく名刺達。

ハヤスズもそんな名刺達の管理に迷っていました。

これまでは富士通が出している読み取り装置scansnapについていた、CardMinderというソフトを使って管理したりしていました。

このCardMinder自体はscansnapからスキャンさせると名刺の両面を読み込んで、OCRによって概ね正確に名刺のデータを読み取ってくれ登録までできていたので、とても重宝していたんです。

しかし、ある時まさかの自体が・・・。

scansnapが動かない・・・。
どうも器械の故障ではなさそうなので、パソコン側でOSのバージョンの問題なのか、私がわかる限りの知識で修復を試みたものの、結果修復できず。

これによりこれまで名刺管理を頼っていたCardMinderに新規の名刺データを追加していくことが難しくなってきました。

さて、これからの名刺管理をどうしようか。

CardMinderと同時に使っていたeight

今名刺管理アプリって探すといろいろ出てきますよね。
CardMinderを利用している頃から、名刺管理アプリをスマホと連携して使えたら便利だなと思って利用していた名刺管理アプリがあり、それがeightです。

メインはCardMinderに頼っていたので、本当によく連絡を取る機会がある人の名刺だけを登録していたのがeightの名刺管理アプリになります。

この名刺管理アプリeightは、名刺をスマホのカメラで撮影すると名刺の内容を自動で登録してくれ、しかもOCRではなく手動で登録をしてくれているようなので、ほとんど間違いなく登録をしてくれるというすぐれものアプリでした。

さらに、eightを利用している同士でどちらかが名刺を登録すると、自動でeightの中でリンク付がされるという、こういうのが好きな人にはとても好まれそうな機能がありました。

ただし、一枚一枚写真を撮っていかないといけないという不便さがあり、本当に連絡を取る機会がある人だけをeightに登録をしておいて、それ以外はCardMinderで、という運用をしていたところでした。

ところが、このscansnapの故障によるCardMinder利用が難しくなったことで、いよいよ本気で名刺管理アプリの利用を考えないといけない自体に突入します。

悩んだeightとmyBridgeの選択

探せば名刺管理アプリはいくらでもあるのですが、私が最終的に悩んだのがeightとmyBridgeでした。

eightはこれまで利用していたので、ある程度機能のこともわかっていましたし、私が使うには無料の範囲で問題なく利用できるアプリです。
一方myBridgeは、LINEが開発した名刺管理アプリで、LINEといえば今や誰のスマホにも入っているアプリですよね。
そのLINEが開発した名刺管理アプリなので、ちょっと触ってみようかというノリでアプリを使ってみました。

その結果どちらを選択したかというと・・・。

私はmyBridgeを選択することにしました。

どこが決定的だったかというと、eightにあってmyBridgeにない機能もあるのですが、私が決め手だったのは、myBridgeは名刺の裏面が登録できるのです。
eightは名刺の表面を登録するだけですが、myBridgeは裏面まで登録ができるというのが一番の決め手でした。

基本的に名刺は表面がわかれば十分なのでしょうが、個人的には裏面までデータを取っておきたいという希望があったので、この裏面までデータで取って置けるというのは私にとっては大きなポイントでした。

また、LINEのアカウントと紐づけてmyBridgeのアカウントを作ることができるようだったので、ここもアカウントを紐づけてみよう・・・と、一瞬考えたのですが、もしLINEとアカウントを紐付けるプライベートで利用しているLINEと仕事で利用しているmyBridgeがごちゃごちゃになるのもちょっと怖さを感じ、myBridgeのアカウントは職場のメールアドレスで登録することで、プライベートと仕事は切り分けを行うことにしました。

LINEとアカウントを連携させると便利に使える機能も増えるのかもしれませんが、私は個人と仕事は切り分けをしたかったので連携まではさせずにmyBridgeを利用しています。

myBridgeの使い心地はどうなのか

myBridgeに今後の名刺管理を頼ることを選択したわけですが、肝心の使い心地はどうなのか。

使い心地については特に不満はありません。

アカウントを開設してから、早速手持ちの名刺をスマホのカメラで表裏撮影していきました。
すると、1時間程度すれば50枚もの名刺の登録が完了。
カメラの撮影音も鳴らず、ひたすら名刺の写真を撮り続けて、登録はOCRによって自動で行ってくれます。

また、これまで利用していたCardMinderに入っている名刺データについては、データをCSVで出力。
myBridge側でデータインストール用のシートがあるので、そのシートにCSVデータをコピペで貼り付けていけば、何ら問題なく入力データを登録していってくれました。

約500件程度の移行データがありましたが、データを出力してから、約15分程度でCardMinderからmyBridgeへの移行作業は終了。

ただし、名刺の画像データだけは移行できませんでした。

それでも、基本的なデータはmyBridgeへすべて移行できたので、私としては大満足。

以降終了後の作業

myBridge移行作業終了後は、まずは、名刺のグループ分けからはじめました。

CardMinderはボタン一つでフリガナ順や会社名の順に並べ替えることができたのですが、myBridgeはフリガナ順で並べ替えることはできても、漢字の読み方でフリガナ順にするので、システムの中で漢字を正確なフリガナで読んでいない場合、全然異なる場所にフリガナ順で並んでしまいます。
ということで、例えば【銀行関係】や【ソフトウェア関係】といった、グループ分けにしておいた方が登録数が増えてきだした時に名刺を探すことに手間取らずに探せます。

実は、移行作業よりこのグループ分けに一番時間がかかったのですが、これは最初にしておかないと、肝心の名刺の情報を探すことに時間を費やしてしまうと管理アプリの意味がありませんからね。

検索ボタンもあるので、名前がすぐにでてくる人であれば検索ボタンで探すこともできます。

また、今後の名刺をもらったときの取扱として、これまで名刺を一旦溜めておいてもscansnapで一斉に読み取りをかけてCardMinderに登録することができたのですが、myBridgeは一斉読み取りができませんので、もらった時にこまめに名刺登録する習慣を身につけておいたほうがいいかもしれませんね。

今イチオシの名刺管理アプリはmyBridge

名刺管理アプリはおそらくこれからまだいろんなアプリが出てくるのだろうと予想しますが、今私が使ったことのある中ではmyBridgeが一押し名刺管理アプリです。

名刺管理アプリも、機能により好みも分かれます。

eightにはできて、myBridgeではできない機能もありますし、その反対も当然あるので、自分がほしいと思う機能を持っている名刺管理アプリが見つかれば、そのアプリが自分に適した名刺管理アプリということも言えます。

この名刺管理アプリがいいよという情報があればぜひ教えて下さい!!

LINEの名刺管理アプリ:myBridge

名刺管理アプリ:eight



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です