Google Oneの使い方はバックアップと同期をどう使うか

Google Oneを契約してからの使い方

先日Google Oneを契約して、念願のクラウドストレージを確保したハヤスズです。

初日にGoogle Oneにて、自宅のパソコンと職場のパソコンの同期とバックアップ設定を行いました。

これで自動でパソコンデータのバックアップを取れるようになった!!・・・と思っていたのですが、ちょっと思ってたんと違う。

というのは、基本的にGoogle Oneドライブ上のマイパソコンフォルダで同期とバックアップの設定をしましたが、常に同期をしているので、数日前に、先月に、削除してしまったデータをもう一度復活させたいという時に、常に同期させた状態であるとその時点で過去のデータは削除してしまっている可能性が高くなります。

つまり、正確にはクラウドストレージ上に自動バックアップをとっているというよりは、クラウドストレージとマイパソコンのデータを同期させてどこでも自分が必要とするデータにアクセスできる状態を作っている、というのが今の状態であるように思う。

この同期とバックアップを同時にしているのは、正確にはバックアップを取っているとは言いにくい、本来私が望んでいた形とはちょっと違うような・・・。

そこで、もう一度Googleドライブの使い方を考え直しました。

Google Oneによるバックアップ体制の見直し

時系列を持って自分のパソコンデータのバックアップを保持したい。

この目的のために、最初の設定からGoogleドライブの使い方を考え直しました。

Googleドライブ上には自分のパソコンのデータを自動で同期させる『パソコン』フォルダとパソコンのデスクトップ上に自動で同期する『マイドライブ』フォルダが一番最初にあります。

ここで『パソコン』フォルダが先程話題に上がった、自分のパソコンデータをクラウドストレージ上で常に同期させることができるフォルダになるので、私が最初満足していたのは、この『パソコン』フォルダと同期をさせていた状態になります。

しかし、ちょっとイメージと違うことに気づいたことで、次は『マイドライブ』の利用を考えました。

この『マイドライブ』は、『Googleのバックアップと同期』アプリをインストールすると、デスクトップ上に『Googleドライブ』というフォルダが作られるのですが、この『Googleドライブ』フォルダとGoogleドライブのクラウドステレージ上『マイドライブ』が同期する設定になっています。

←こんなアイコンがデスクトップ上に出現します。

 

ということで、このデスクトップ上の『Googleドライブ』フォルダを上手に使えば良いのではないかと考えました。

その方法は、自分のパソコンでバックアップを取っておきたいデータをこの『Googleドライブ』内に保存をします。

すると、『Googleドライブ』に保存したデータはクラウドステレージ上『マイドライブ』フォルダと同期されます。

これで、自分が必要とするデータのバックアップがクラウド上に作られます。

あとは、時系列でデータのバックアップを保持しておきたい時には、例えば一週間、一ヶ月おきにデータを『Googleドライブ』上に保存をしていけば、自動でクラウド上でもデータ保存されることになり、もしも一ヶ月前のデータを復元したい時には、クラウドストレージ上からその復元したいデータを持ってくれば、誤って削除してしまったデータもクラウド上に持ち続けることができます。

『パソコン』フォルダで継続的に同期させるのは止めたほうがいい

これで、ある程度自分で考えていたデータの保管体制は作れたような気がしています。

時系列でデータを保持していますし、クラウド上にもデータを保存することができるようになりました。

あと、個人的に一週間使ってみての感想として、自分のパソコンデータを継続的にクラウドストレージと同期させる設定は止めておいたほうが良い気がします。

今度は『パソコン』フォルダの話に戻りますが、私が最初に設定していた自分のパソコンとクラウドストレージ上の『パソコン』フォルダを継続的に同期させる設定ですが、パソコン上のデータを削除するたびにデスクトップ画面の右下部分に通知が出てくるのが若干うっとうしくなります。
(通知を消すこともできますが・・・。)

また、継続的に同期を行っていくので、若干パソコンの動きも遅くなったような気も・・・。

この継続的に同期させるのは、もしも自分が出張に行く際、長期にパソコンを見ることができない、そういった時に継続的に同期させる設定をしておけば、パソコンを一つ持ち歩くだけで自分が必要とするデータにアクセスする環境が作れることになると思うのですが、普段は自宅と会社の往復なので日常的に同期をさせる必要は無いんじゃないかと感じます。

むしろ、同期を継続的にさせることで、パソコンのレスポンスが落ちたことに若干ストレス値が上がってしまうかもしれません。

クラウドストレージの使い方はこれから研究

クラウド上に保存場所を持つことに憧れを持って今回Google Oneを契約しましたが、もう少しGoogle One、Googleドライブの使い方のお勉強は必要そうです。

もしかしたら私が気づいていない機能があって、それをうまく使いこなせばもっと簡単にイメージしていた形をつくれるかもしれません。

また、クラウドストレージもGoogleだけではなく、AmazonやDropBox、Microsoftといった企業もサービス展開しているので、自分にもっと適したクラウドサービスがあると思います。

私の場合は、Google Oneのストレージ容量が大きかったことと、他の人とストレージ容量を共有できるということ、普段からGoogleのアプリをよく利用しているということでGoogleを選択したのですが、例えば、Amazonを普段から利用する人はAmazonのクラウドの方が便利に使えるでしょうし、Microsoftはクラウドサービスを契約すると同時にオフィスツールもついてきますから、社会人をしているとオフィスツールがついてくるのはありがたいですよね。

今の所、もう少しクラウドストレージを上手に使いこなせないかな~と感じているところで、また気づいたことがあれば記録していきます。

以上!

関連記事:グーグルドライブの容量アップグレードを考えている件

関連記事:Google Oneが日本でもサービス開始。すぐにGoogle Oneメンバーになりました



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です