JALカードのマイル貯まり状況の報告と使い方




JALカードで家族2人分の飛行機代がタダ

今年の4月からスタートさせた、JALカード支払いによるマイル生活。

早くも半年が経過しました。

その間、どのくらいマイルが貯まっているのか、JALカードに興味を持っている方にはちょっと気になるマイルの積み上がり事情。

そのマイル積み上がり状況がこちら。

4月からスタートして、今半年で12,000マイルを超えてきたところです。

では、12,000マイルあれば、何ができるのか。

まずは、12,000マイル以上あると、往復の1人分の飛行機代がでちゃいます。

ディスカウントマイルの時期に飛行機を取れれば、住んでいる場所にもよりますが、国内旅行であれば、1人分くらいの往復飛行機代がでてきます。

我が家が月にカードの支払で平均20万円支出している計算なので、20万円の1%で、月に2,000マイル貯まる計算です。

ということは、1年間で24,000マイルが貯まる計算になるので、クレジットカードの支払いに変更するだけで、2人分の飛行機代が出てくる計算になりますね!!

JALカードのマイルを貯める破壊力が素晴らしい。

マイルのそれ以外のマイルの使いみち

JALカードは特に飛行機の利用が多い方には特にオススメするクレジットカードで、JALカードを所持している方は比較的飛行機を利用する機会が多いと思いますが、私のような飛行機に乗る機会が少ない人にもオススメなカードです。

もしもマイルが貯まってきたけど、飛行機を利用する機会がない、そんな場合でも他の特典にマイルを交換ができます。

例えば、マイルとお肉を引き換えに、またはお酒と引き換えに。

または、交通系ICカードのポイントに、アマゾンギフト券にも交換できる。

マイルだからどうしても飛行機チケットに引き換えないといけないように感じるかもしれませんが、マイルは飛行機チケットだけではなくマイルから商品と交換、各ポイントやギフト券などにも交換できるので、マイルを無駄にすることはありません。

私は、以前オリコカード・ザ・ポイントや漢方スタイルクラブカード等を利用していたことがありますが、貯まったポイント(マイル)の引き換え種類についてはJALカードが一番多い印象です。

マイルの交換先はJAL飛行機搭乗券がベスト

マイルだからJALの搭乗券に引き換えないといけないわけではありませんが、マイルの交換先とするとJALの飛行機搭乗券と交換するのが一番交換率は高くなるようになっています。

以前紹介したように、JALカードの還元率は搭乗券に引き換えた時に最大のメリットが発揮されるようになっています。

関連記事:JALカードは作成までの時間が遅い!マイレージは貯まりやすい!

一方で、最近ではLCCもだいぶ広がってきており、タイミングよく搭乗券を取得できれば、同じ路線を飛んだ時にJALの半分の料金で登場できるLCCだってあるので、単純にJALカードの還元率がものすごく良いということも言いにくい部分もあります。

それでもJALカードを使っている立場としてこだわりがあるからこそ、このカードを使い続けている理由になります。

こだわり1 JALカードのステータス

JALカードは普通カードでも年会費が2,200円かかります。

さらに、普通カードよりちょっと上のランクのカードになると11,000円、ゴールドカードプラチナカードとなると17,000円~34,100円と、かなり年会費が高くなります。

その代わり、どこのレジで出しても恥ずかしくありません。

やはり、JALカードというステータスがあります。

あまりステータス感を求めすぎてもタダの見栄っ張りでもったいないことになりますが、どこでもさりげなく使いやすい、出しやすいカードとも言えます。

こだわり2 たまの飛行機くらいJALに乗りたい

最近はLCCもあるので、頻繁に飛行機で移動することがある方はLCCを上手に使って、安く便利に飛行機に乗る方法もありますが、たまに乗る私のような人間は、なかなかLCCを使いたがりません。

あまり飛行機を使わない人間だからこそ、たまの飛行機くらいJALやANAといった、昔からの飛行機会社の飛行機に乗りたいという意識があります。

また、安かろう悪かろうという意識だったり、なんとなく大手航空会社が安心して乗れるという意識も時代遅れとわかっていながらも頭の片隅に残っています。

なので、今でも飛行機を利用する時にはANAかJALの飛行機を優先して選択しています。

今どき・・・なんてこともわかってはいますが、空を飛ぶ乗り物という飛行機の特殊性があるからこそ、ちょっとした安心感にはついお金をかけてしまいますね。

JALカードをずっと使い続けるつもりもない

これだけJALカードを紹介していますが、JALカードをずっと使い続けるつもりも実はありません。

今のライフスタイルだからJALカードを使っているだけで、おそらく、子供が自分たちの手を離れていった後はJALカードから他のカードに変更しているかもしれません。

amazonをよく使うので、アマゾンカードもいいかもしれませんし、クレジットカードの高コスパ楽天カードもいいですよね。

ちょっとステータス感を求めて、アメリカン・エキスプレス・カードも良いなと思います。

つまり、自分たちのライフスタイルが代わってきたら使用するクレジットカードも代えていくものだと思います。

今のライフスタイルにはどのクレジットカードが一番適しているのかを考えながら選択していくことが大切ですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です