【御朱印コレクション】鹿児島県内の神社で集めた御朱印一覧

御朱印とは

今年の1月から神社をお参りした際にいただく、【御朱印】を御朱印帳にもらうようになりました。

御朱印をまだ知らいない方に説明すると、御朱印とは、神社や寺社に参拝した参拝者に向けて押印される印章、および印影のことです。

朱印というのですが、敬称で御朱印(ごしゅいん)といいます。

そして、この御朱印をいただく専用の帳面を御朱印帳といいます。

通常は、参拝した際に御朱印帳に御朱印をいただきます。

御朱印をいただく場所は、その神社や寺社の社務所や授与所と言われるところでもらうことができます。

だいたい御朱印を一ついただくのに300円~500円で、大きい神社では一箇所の神社、寺社で複数の御朱印が準備されているところもあったりします。

そこで『御朱印お願いします』と声をかければ、御朱印がある神社や寺社であれば御朱印をいただくことができます。
(小さい神社や寺社では御朱印がない、時間帯によって留守にしている、午後から不在、というところもあるので注意が必要です)

以上が御朱印の簡単な説明になります。

個人的には参拝した際の記録としていただくという認識ですが、中には、御朱印帳をいただくのがスタンプラリーのようになっている方もいるようなので、せめて御朱印をいただく際にはしっかりと神社にお参りをした後に、気持ちよく御朱印をいただくようにしたいですね。
(あまり人のことは言えないかもしれませんが・・・)

これまでにいただいた御朱印一覧

霧島神宮

鹿児島県霧島市にある大きい神社です。

私が御朱印を集めるようになったスタートの神社になります。

御朱印帳もここで初めて購入しました。

山の上の方にある神社で、山の中の緑に囲まれた澄み切った空気感が気持ちのいい神社です。

  • 霧島神宮の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天孫降臨の文字がかっこいいです。

  • 霧島神宮所在地

 

鹿児島神宮

鹿児島県霧島市にある神社です。

昔の大隅国の一之宮の神社になります。

この【一之宮の神社】とはその地域で一番社格が高い神社のことを【一之宮】といいます。

ということは、鹿児島神宮は昔の大隅国で一番社格が高い神社だったんですね。

特別大きい神社ではありませんが、歴史を感じさせてくれる雰囲気のある神社です。

  • 鹿児島神宮の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一之宮という文字がいいですね。

  • 鹿児島神宮所在地

 

四十九所神社

鹿児島県肝付町にある神社です。

毎年10月の下旬頃に流鏑馬が開催される歴史のある神社です。

ゲゲゲの鬼太郎で有名な一反木綿がよく出てくる神社という話もあります。

  • 四十九所神社の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 四十九所神社所在地

 

七狩長田貫神社

鹿児島県鹿屋市にある神社です。

地元では『田崎神社』という名前で呼ばれています。

境内に大きなクスの木があり、境内も落ち着いた雰囲気です。

  • 七狩長田貫神社の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 七狩長田貫神社所在地

東霧島神社

鹿児島県霧島市にある神社です。

東霧島神社と書いて『つまきりしまじんじゃ』と読みます。

本殿が山上にあり、それまでにゴツゴツとした岩が階段状に並べられているため、山上に到着するまでにクタクタになりますが、登り終えてからの参拝もまたいいもんです。

子供はアスレチックのような気持ちで登っているようでしたが・・・。

  • 東霧島神社の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 東霧島神社所在地

荒田八幡宮

鹿児島県鹿児島市にある神社です。

市街地の中にあるのに、ここだけ澄んだ空気感が気持ちいい神社です。

  • 荒田八幡宮の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 荒田八幡宮所在地

松原神社

鹿児島県鹿児島市にある神社です。

島津家にゆかりのある神社で、繁華街の中にあります。

隣には乳がん治療で有名な相良病院があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 松原神社の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 松原神社所在地

鹿児島縣護國神社

鹿児島県鹿児島市にある神社です。

明治時代以降の国事に殉じた鹿児島県出身の殉死者等が祀られています。

参拝時にちょうど巫女さんが桜の下を歩いていたので、とてもきれいな写真が撮れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 鹿児島縣護國神社の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 鹿児島縣護國神社所在地

蒲生八幡神社

鹿児島県姶良市にある神社です。

境内にある日本一の大楠が有名で、境内の中で存在が際立っています。

  • 日本一の大楠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 蒲生八幡神社の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 蒲生八幡神社所在地

新田神社

鹿児島県薩摩川内市にある神社です。

昔の薩摩国の一之宮の神社です。

本殿は長い階段を登ったところにあり、歴史を感じさせてくれる、そして澄んだ空気が気持ちの良い神社です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 新田神社の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 新田神社所在地

 

鶴嶺神社

鹿児島県鹿児島市にある神社です。

鹿児島県の誇る観光地仙巌園のすぐ隣りにある神社で、島津家に由縁のある神社です。

御朱印は仙巌園の受付窓口で販売されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 鶴嶺神社の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 鶴嶺神社所在地

山宮神社

鹿児島県志布志市にある神社です。

入り口にある大きな木がとてもインパクトがありました。

15時頃にいったのですが、すでに神主さんが帰宅されようとしているところでしたので、早い時間帯に行くことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 山宮神社の御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 山宮神社所在地

御朱印をいただくことで変化のあったこと

御朱印をいただくようになってからの変化ですが、当然、神社を訪問する回数が増えました。

それまでは年に1回、2回神社を参拝するくらいだったのが、今年だけでかなりの神社を参拝しています。

すっかり御朱印『集め』の様になってしまっていますが、それでも、神社を訪問することで神社のマナーを学ぶようにもなり、神社ごとの違い、神社の由縁等それまで興味を持っていなかったことにも興味を持つことができるようにもなりました。

また、神社は各地にあるため、ちょっとした旅行でもその地域の神社を参拝することができるので、なにもない地域だけど神社があるから行ってみよう!なんていうこともあります。

それが神社を参拝する目的としていいのかどうかは人それぞれの考え方だとは思いますが、それで人の流れができるのであればありじゃない?と個人的には考えています。

神様に失礼だ!!と怒る人もいるかもしれませんが、最低限のマナーは守って参拝はしていると思っているので、そこは許してください。

これからも神社を参拝する機会があればここにアップしていきます!!

関連記事:【御朱印コレクション】鹿児島県内の神社で集めた御朱印一覧

関連記事:【御朱印コレクション2】鹿児島県外の神社・寺社で集めた御朱印一覧